2008年06月10日

[EURO]3日目の結果

3日目、グループCの初戦。
混迷に拍車がかかる展開に…

まず、ルーマニア - フランスは0-0でスコアレスドロー。
フランス、攻め切れませんでした。
リベリーはキレていましたが、ルーマニアのDF複数人できっちり潰されていました。
アネルカは存在感はありましたが決定的な仕事まではいかず。
期待の若手ベンゼマもほんの少し光るシーンはありましたが…

対するルーマニアはミドルで狙うシーンが多く見られました。
時折見せる攻めの姿勢がフランスに対するけん制になっているように感じました。
ムトゥの存在もありましたし。

続いて行われたオランダ - イタリアは3-0でオランダが大勝。
まさかイタリアが3点取られるとは。。
しかもブッフォンのファインセーブが無ければあと2点位は軽く取られていた展開。
オレンジ軍団が縦横無尽に攻めている感じでした。

1点目はやや不運ではありましたが…
痛んでいてゴールラインの外にいるとオフサイドは認められないんですね…

スナイデル、カイト、ファンニステルローイあたりがうまく連動して攻めの形を作っていました。
かたやイタリアもピルロのFKやデルピエロのシュートまでの動きなど後半15分あたりからの怒涛の攻めはありましたがファンでルサールの厚い壁は崩せませんでした。

これでグループCは全くわかりませんね。。
イタリアは得失点でも大幅なマイナスなので、ルーマニアも次戦のイタリア戦に勝ってしまえば一気に突破候補に。
しかも3試合目のイタリア - フランスの試合が、少なくともどちらかの国の突破を左右する試合になることは必至なのでガチンコ勝負確定。

オランダはロッペンを使わずともこの勝ちっぷり、チームとしての一体感も最高でしょう。
お決まりの内部崩壊の可能性もグッと下がった気がします。(最有力のファンニステルローイが得点して気分いいでしょうし)
かたやイタリアは残り2試合でどこまで修正できるかがカギですかね。

オランダは次のフランス戦に勝てば2位以内確定ですね。
そうなると3試合目であたるルーマニアにはさらに追い風が吹く、と。

まだ4チーム全てにチャンスが。
うーん、面白くなってきた。。


posted by Guinness好き at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう、夏はそこまできていますね。

ネットサーフィンしてまして。。。

よかったら、私のブログも見てください。



Posted by サーフィンぱぱ at 2008年06月12日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック