2008年06月15日

[EURO]8日目の結果

これでマッチデー2も最後。
この日はスウェーデン - スペインがどうなるかでこのグループの行く末が決まります。

そのスウェーデン - スペイン。
初戦のスペインが本物かどうか試される第1ラウンド。
(第2ラウンドは決勝トーナメント以降ですね)

試合はすぐに動きます。
15分ショートコーナーからシルヴァへ、シルヴァからのフワっとしたボールをトーレスが右足を伸ばしてゴール。
前の試合では黒子に徹していたトーレスのゴールに他の選手も皆喜んでいるのが印象的でした。

ただ、その後試合は次第にスウェーデンペースへ。
2トップできっちり仕事ができるため、スペインからしても驚異なのが

34分のイブラヒモビッチのゴールはお見事。
ボールが収まる選手というのはこのような選手なのでしょうね。。
足下のボールを見事にゴールへ。セルヒオラモス完全に負けてしまいました。
これで同点、エースの一発という感じですね。

試合は1 - 1のまま後半へ。
ハーフタイムでイブラヒモビッチがローゼンベリと交代。
状態が万全では無い、ということですね。
スペインとしては正直助かった、ということろではないでしょうか。

イブラヒモビッチの交代が効いたのか、後半はやや落ち着いた展開、スペインやや優勢といったペースで試合が進みます。

スペインは中盤にパススキルがある選手が多いせいか回しすぎてシュートに至らないという、一時期のアーセナルのような状態になることがあるようですね。。
この日もそんなシーンが多少見られました。
魅力的なのは確かですが…

このままドローで終わるかと思われた92分、前の試合でハットトリックのビジャがまたしても…
自陣DFのクリアボールをDF2人と競りつつ拾ってGKと1対1、これを冷静に決めて1 - 2。
それにしてもボールのファーストタッチでトラップしつつDFの股下を通してゴールに迫るという、ベルカンプを彷彿させるトラップ。
ほれぼれとするトラップでした。

結局このゴールが決定打となり(92分のゴールなので当たり前ですが)スペインが勝利、決勝トーナメント行きを確定させました!

続いてはギリシャ - ロシア、グループDでの生き残りをかけた1戦。
ギリシャは負ければ敗退確定。
ロシアも極めて苦しい状況になります。

試合は33分にズイリヤノフのゴールでロシアが先制。
GKが出過ぎた結果のゴール、ニコポリディスの不在が響いたか。。

その後はどちらも一進一退でそのまま試合終了。
ロシアが勝利して決勝トーナメント進出へ前進、前回覇者のギリシャは敗退となりました。

これでグループDの状況はわかりやすくなりました。
スペインは1位通過確定。
ロシア - スウェーデンの勝者が決勝トーナメントへ、ということになります。
この試合ドローの場合は得失点差などでスウェーデンが勝ち残りとなるため、ロシアとしては勝つことが絶対条件。
プラスなのはエースのアルシャフィンが出場停止が明けて出られること。
このガチンコ勝負、非常に楽しみですね。。

そしてスペインはここまでは盤石、決勝トーナメントでその真価が問われることになりそうです。


posted by Guinness好き at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック