2008年06月17日

[EURO]10日目の結果

グループBのラスト。
既に首位での突破を決めているクロアチア、本命ドイツがクロアチアに続けるかというのが最大の焦点ですね。

まずオーストリア - ドイツですが、試合は0-1でドイツが勝利。
ドイツが下馬評どおり決勝トーナメント進出を決めました。

貴重なゴールを決めたのは、絶好調のポドルスキでもなく、クローゼでもなく大黒柱のバラック。見事なFKでした。
さすが修羅場を何度もくぐっているだけあって、ここぞという時に頼りになりますね。
それにしてもクローゼに元気がないように見えるのは気のせいでしょうか…

オーストリアはホッファーが何度か決定的と言えるチャンスを迎えたのですが。。
さすがドイツ、こういうところできっちりと結果を残すあたりはさすがです。

同時刻に開催されていたポーランド - クロアチアですがこちらは0-1でクロアチアが勝利。
堂々の3戦全勝です。

すでに首位通過を決めていたクロアチアはメンバを大幅に入れ替えて臨んだようですが(ドイツ戦で先発したメンバでこの日先発したのは2人のみ)、
それでも後半のクラスニッチのゴールで勝利。
腎臓移植手術を2度受けているとは思えないプレイ、素晴らしいですね。

ここでも勝利できたことで士気を維持しつつ決勝トーナメントに臨めるのではないでしょうか。
ポーランドはGKボルツのプレイが非常に光りましたが、決め手に欠けました。

というわけでグループB最終結果が出ました。

1位 クロアチア 勝点9
2位 ドイツ 勝点6
3位 オーストリア 勝点1(得失点差-2)
4位 ポーランド 勝点1(得失点差-3)
(勝点が並んだ場合は、当該国同士の直接対決の結果、得失点差、総得点の順の条件で順位付け)

決勝トーナメント進出の2チームは順当でした。クロアチアが1位通過がやや意外ですがプレイぶりを見ると納得かと。
とにかく攻守のバランスがよく、安定感がありますね。ビリッチ監督の采配、試合巧者ぶりも見受けられます。
クロアチアは次はトルコ、ドイツはポルトガルとの対戦となります。
万全のクロアチアはまだ上に行けそうですね。。
そしてドイツ - ポルトガルは…激戦必至で楽しみです!


posted by Guinness好き at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック