2008年06月26日

[EURO]準決勝 予想

EURO2008も残すところあと3試合。
準々決勝ではグループリーグの1位の国が3ヶ国敗れる展開。
準決勝の予想です。

<ドイツ - トルコ>
ポルトガルとの激戦を制したドイツ、そしてミラクルを起こし続けているトルコの対戦。
戦力的にはドイツなのですが、さらにトルコの状況がマズイことに。
まずニハトが先日のクロアチア戦の終盤の怪我で出場不能、既に国に帰ってしまっています。

ここまで2得点のニハト、得点力としても攻撃を引っ張る精神面のリーダーとしても不在はあまりにも痛いですね。
さらにクロアチア戦の延長で同点ゴールを決めたアルダ、GKボルカン(チェコ戦でのレッドによる出場停止)、エムレ・アシュク、トゥンジャイなどなど出場できない選手が多数。

ここまで幾多のミラクルを起こしてきたさすがのトルコもこれでは…
ドイツは万全の状態で決勝に進めるかと思います。
下手をすると大差がつく可能性も。。。
4-1でドイツ、でしょうか。


<ロシア - スペイン>
これは面白いカードかと。
ヒディングの元、ノリにノッているロシア。
組織で攻めも守りもアグレッシブに行うスタイルは素晴らしいの一言。
加えてヒディングの戦術眼と試合中の選手交代に代表される采配。
チームとしても意思統一がしっかりしているというイメージですね。

かたやスペインも内容がいいとは言い切れませんが、長らく壁となっていた準々決勝を難敵イタリア相手に突破、勢いはあります。
個々のスキルではスペインに分があるのですが、それを活かせるのかというと別問題。
そのあたりの対策はヒディングもしっかりと行ってくるはず。

スペインとしては個人の技量を中心としたアイデアで勝負、ということになると思います。
となるとキーになるのは、セスクかと。
出場すれば、ですが、アラゴネスにはぜひスタメンで使ってほしいところ。

トーレスやビジャ、シルバがセスクに絡むというのが最も期待値が大きいかと。
ロシアとしてはスペインのDFは強固とは言い難いため、アルシャフィンやパブリチェンコを中心に攻め立てたいところ。
ただ、オランダ戦で81分から出てキレのある動きでチャンスを数多く演出し、ゴールも決めたトルビンスキーが累積警告で出場停止なのは痛いところ。

試合は点の取り合いになりそうですね。
またもや希望を込めてスペインが3-2で勝利、という予想で!

好ゲームに期待です!!




posted by Guinness好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック