2008年10月18日

[Book]名もなき毒

名もなき毒(幻冬舎、著者:宮部みゆき)

期待して読みました、が。。
宮部さんらしく、読みやすく、厚さを感じない作品ではあったのですが…

世の中には様々な形で「毒」が潜んでいて、いつ何時どんな形で関わることになるかわからない、といったことなのでしょうか。
著者のメッセージをうまく受け取れなかったせいか、読了後もモヤモヤしたものが残ってしまいました。。




posted by Guinness好き at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「名もなき毒」宮部みゆき著、読んで見ました。
Excerpt: 「名もなき毒」宮部みゆき著、読んで見ました。「名もなき毒」宮部みゆき著、読んでみました。財閥企業の今多コンツェルンで社内報を作る編集記者であり、その会長の娘の夫と言う、主人公の「杉村三郎」の立場と、寛..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2008-11-07 06:58