2008年10月30日

[Football]マラドーナ?!


ニュースを見ていたら、アルゼンチン代表監督にあのマラドーナが就任する見込みとのこと。
マラドーナ?!

あの劇太りしたと思ったらダイエット(手術含む)成功し、ボカの試合で踊っている姿をよく見るマラドーナ?!
まあエピソードには事欠かないマラドーナでしたが、まさかこんな正統派のビックニュースで報じられるなんて驚きです。

確かに南米予選におけるアルゼンチン代表の成績はひどく、特に10月15日の南米予選第10節でチリに喫した敗戦が前任者のバシーレ監督の命取りとなり、解任されていました。

後任をマラドーナを含む3人から選ぶという話になっているのは知っていましたが…
監督経験があるとは言え、2回だけ、それも際立った成績を残しているイメージはないので意外としか言いようがありません。

もちろんアルゼンチンにおけるカリスマ性は未だ衰えることを知らず、選手たちも従うとは思いますが。。
とりあえず「規律」という言葉が無くなってしまいそうな。。
少なくともマラドーナが言っても説得力ゼロだったり。

次の南米予選第11節は来年3月なので時間はたっぷりあります。
その間にじっくり取り組める、スタッフをしっかり固めれば大丈夫だろう、ということで国民的人気の高いマラドーナに白羽の矢を立てたのでしょう。

万が一成績不振の場合、アルゼンチンの国民はそれでも国民的英雄をブーイングにさらすのでしょうか。
(リーベルのサポーターは間違いなくここぞとばかりにやりそうですが)
その指導っぷりとともに、そのあたりも楽しみだったりします。


posted by Guinness好き at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック