2008年12月08日

[Book]Google Earthでみる地球の歴史

Google Earthでみる地球の歴史 (岩波科学ライブラリー)(岩波書店、著者:後藤和久)

Google Earthでみる地球の歴史 (岩波科学ライブラリー)
後藤 和久
岩波書店
売り上げランキング: 23562
おすすめ度の平均: 4.0
4 空から見る地球の歴史


目次
プロローグ
1 自然をみる
ガラパゴス諸島(エクアドル)
  イエローストーン国立公園(米国)
  ロス・グラシアレス国立公園(アルゼンチン)
  ラウターブルンネン(スイス)
  シベリア北部(ロシア)
  ナイアガラの滝(米国・カナダ国境)
  ボラボラ島(仏領ポリネシア)
  フナフティ環礁(ツバル)
  沖ノ鳥島(日本)
  セノーテリング(メキシコ)
  リース・クレーター(ドイツ)
  グランドキャニオン(米国)
  モニュメントバレー(米国)
  デビルズタワー(米国)
  ウルル(エアーズロック:オーストラリア)
  王家の谷(エジプト)
  ラパ・ヌイ(イースター島:チリ)
  海半球(ポリネシア)
  シエラマドレ山脈(メキシコ)
  ナミブ砂漠(ナミビア)
  ホワイトサンズ(米国)
  リヤド近郊(サウジアラビア)
  アマゾン川源流(ブラジル)
  エヴァーグレーズ国立公園(米国)
2 災害をみる
  四川大地震
  サン・アンドレアス断層
  三陸大津波
  インド洋大津波
  富士山の噴火
  災害と文明1
  災害と文明2
  地すべり災害
  災害としての天体衝突
3 地球史をみる
  創世初期の地球と生命
  シアノバクテリアの繁栄
  温暖期の地球――白亜紀
  恐竜の絶滅
  プレートテクトニクスと気候変化
  超巨大火山噴火と人類絶滅の危機
  氷河期の痕跡
エピローグ
付 録
岩波書店HP内から引用させていただきました)


◆概要&感想◆

「読んだら行きたくなる」のとおり、本当に行きたくなります。
ワクワクしますね…
地球の営みの一端をGoogleEarthを使って感じられる本、といった感じでしょうか。

そして改めてGoogleEarthの凄さを感じます。
ただ、それ以上に現地に行ってナマで見てみたい、と思いますが…

あと、「岩波科学ライブラリー」という名称からしてもっと固い本だと思っていました。
フルカラーでひたすら好奇心を刺激してくれる本書のような本だとは…
良い意味で「岩波書店」という出版社の懐の広さのようなものを感じ、イメージが変わりました。

そんな中でも特に私にとってツボだったのは以下。

・ロス・グラシアレス国立公園(アルゼンチン)
・ラウターブルンネン(スイス)
・デビルズタワー(米国)
・リース・クレーター(ドイツ)
・海半球
・ホワイトサンズ
・アマゾン川源流
・エバーグレーズ国立公園
・災害と文明1 ポンペイ
・恐竜の絶滅 コロラド州デンバー市郊外 足跡

特に「海半球」については、目からウロコ。
日本の見慣れた地図が世界で当たり前ではない、というのはわかっていましたが、目にするのはたいていヨーロッパ中心の地図であったり。
海を中心とするとどう世界が見えるのか、といった多種多様な視点の切り替えを可能にするのは、GoogleEarthならではかと。
(もちろん地球儀でも可能かとは思いますが)

世界のリーダーは、ビジネス的な素養だけでなく、歴史・文学・芸術などなどの素養も大切にすると聞きます。
その一助にする、というのもアリかと思います。

最近触っていなかったGoogleEarthにまたハマりそうな予感です。


◆気付き◆
・世界は生きている


◆学び◆
・角度を変えることで見えない視点を見られる
・地図には地球の歴史や出来事の一端が表れている


◆オススメしたい方◆
・地図好きの方
・GoogleEarthを始めて使う方
・学術的にGoogleEarthを使いたい方
・GoogleEarthで大自然を見たい方
・地球上の画像からその歴史を読み説きたい方


■関連リンク■
本書紹介ページ(岩波書店自然科学書編集部HP内)
本書紹介ページ(岩波書店HP内)
「Google Earthでみる地球の歴史」という本が岩波科学ライブラリーから(たつをのChangeLog)
見たあとに跳べ「Google Earthでみる地球の歴史」(わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる)
Google Earth



posted by Guinness好き at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック