2008年12月05日

[PremierLeague]ロイキーンが辞任



サンダーランドのロイキーン監督が、チームの成績不振を理由に辞任することに。
4勝3分8敗(15節終了時点)で18位。
このままいけば降格も免れないということで、何らかの手を打つ必要性がフロントにはあり、その結果ということなのでしょうが。

昨年、就任するやチームをプレミア昇格に導いただけに悔しいでしょうね。。
ジョーンズが怪我で開幕当初いなかったことも響いたのでしょうか…

最近の新しい監督の中でもひと際カリスマ性を感じる監督ですし、これで終わるようなヤワな人でもないはず!
まだまだ若いですし、次に期待です!!

それにしてもこれで、選手が出て行ったりとかあったりして…


posted by Guinness好き at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック