2008年12月19日

[FIFA Club World Cup Japan 2008]Gamba Osaka - Manchester United

Gamba Osaka 3 - 5 Manchester United
(18.12.2008 Thu)

28分 ビディッチ【マンU】
45分 C.ロナウド【マンU】
74分 山崎【ガンバ】
74分 ルーニー【マンU】
78分 フレッチャー【マンU】
79分 ルーニー【マンU】
80分 遠藤(PK)【ガンバ】
90分 橋本【ガンバ】



多くは語るまいですね。
見ていて面白い試合でした。

ルーニーもC.ロナウドもゴールを決め、遠藤のコロコロPKも炸裂。
試合の大勢は決していましたが、その中でも点を取ろうというガンバのスタイルは見ていて嬉しくなったとともに、世界中に「ガンバってのはこういうチームなんだ!」という印象を残したのではないでしょうか。

引かなかったガンバだったからこそできた試合、取れた3点ですね。

試合終了後の安田のC.ロナウドとの高速ユニフォーム交換には爆笑でした。

あえて苦言を呈するとすると中継の日テレですね。
ひどすぎます。
実況も解説も。
サッカー中継のひどさは日テレに限ったことではなく、民放全般に言えることですが…

メディアにはこのイベントを実況するだけでなく、それを伝えることで文化として醸成させていくことも仕事の一つだと思うのですが…
民法にスカパー!のような解説を求めるのはムリなんでしょうか。。
せめて副音声でいいので、落ち着いた本当にサッカーを伝える実況・解説をやってほしいです。

それはともかく、試合自体はいい試合だったと!
決勝も楽しみです。


posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック