2008年12月26日

[TV]プロフェッショナル仕事の流儀で鳥肌

遅ればせながら12月9日放送分のプロフェッショナル仕事の流儀「悔しさを、情熱に」をみました。
この日のゲストは、バレエダンサー 岩田守弘さん。

ロシアのボリショイバレエにおいて、史上初の外国人バレエダンサーであり、かつ第1ソリスト。
この第1ソリスト、ナンバーワンのプリンシパルに次ぐ存在とか。

番組中にも出てきましたが、「バレエはロシアの魂」と言われるほどバレエに誇りを持つロシアでのこと。
そのロシアの魂の一員となることを認められたという事実にまず驚愕しました。

私は、バレエに詳しいわけでもなくよく見ているわけでもありません。
そんな私が2000年にモスクワに旅行した際に、一度は見ておかねば!という気持ちでボリショイバレエを見る機会がありました。

演目は「白鳥の湖」。
座席は、上の方の安い座席でしたが、ボリショイ劇場の荘厳さと華麗さ、そして何よりボリショイバレエの素晴らしさに目が離せないほど引き込まれたことを覚えています。
こんな素人の私でも圧倒的な凄さを感じるボリショイバレエ。

そこの一員になるだけでなく、13年も出演し続けている岩田さん。
(もしかすると私が見に行った時にも岩田さんも出演されていたかもしれません。在籍はされていたはずなので。)
本当に驚きです。

そして番組でその演技の一端をみて鳥肌が。
とんでもないです。

特に、白鳥の湖の道化役でのターン。
ずっと見ていたいと思わされました。

そしてその背景にある毎日の積み重ね、愚直な努力、とことん突き詰める姿勢など学ぶべき点が多すぎでした。

未見の方、必見かと思います!
NHKにもぜひアンコール放送をお願いできれば、と。

■関連リンク■
・悔しさを、情熱に(番組公式HP)
・人の心を豊かにするもの 〜 バレエダンサー岩田守弘 〜 茂木健一郎の「超一流の仕事脳」(NBonline内)





posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック