2008年12月24日

[PremierLeague]第18節 Everton - Chelsea

Everton 0 - 0 Chelsea
(22.12.2008 Mon)




アーセナル-リバプールがドローだったため、勝てば首位に立つチェルシー。

ここまでアウェイ11連勝という記録を継続中だけにさすがに今回は首位を明け渡してしまうかなぁと思っていましたが…
蓋を開けてみるとスコアレスドロー!

リバプールのアシストを永遠のライバルエバートンがしてくれた格好に(笑)
もちろんエバートンとしては現在の状況打破のために必死だった結果でしょうが。

キーとなったのは、やはり35分のテリーの両足タックルと判定されたレッドカードでしょう。
守備の大黒柱が抜けてチームバランスが崩れてしまったのは否めないかと。

審判の判定に微妙な点も多かったようで、やや後味が悪い試合になってしまいました。

が、レッズファンからするとこれはラッキー以外何者でもなく。
次はボクシングデー!!

勝って、年内首位折り返しをぜひ!!

■関連過去エントリ■
・[PremierLeague]第18節 Arsenal - Liverpool




posted by Guinness好き at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック