2008年12月27日

[Book]ジェシカが駆け抜けた七年間について

ジェシカが駆け抜けた七年間について (角川文庫) (角川グループパブリッシング、著者:歌野晶午)
ジェシカが駆け抜けた七年間について (角川文庫)
歌野 晶午
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 105257
おすすめ度の平均: 3.0
3 7年間を駆け抜けるということ

◆概要&感想◆
これまた面白かったです。。

本作はミステリー色はやや薄め。
前半は特に女子長距離陸上(マラソン)をテーマにした小説といった様相。
後半事件が起きてミステリー色を帯びてきますが…
なのでコテコテのミステリーを求めている方にとってはやや物足りないかもしれません。

ただ、そこは歌野晶午さん。
しっかりとしかけが施されています。

読後、色々と確認してしまいました。
それにしても大きな伏線をいくつか張ってあるのに、全く気が付きませんでした…

わかる人はわかるのでしょうが。。
画一的ではなく、柔軟な思考をしなくてはいけないですね。
思い込みの罠って恐ろしい。

やっぱり歌野さんの本は面白い。
こうなったら全作品制覇が目標です。

◆オススメしたい方◆
・歌野さんの作品を既に読んだことがある方
・スポーツを舞台にしたミステリーが読みたい方

■関連リンク■
・本書紹介ページ(web KADOKAWA内)

■関連過去エントリ■
・[Book]長い家の殺人
・[Book]葉桜の季節に君を想うということ
・[Book]ガラス張りの誘拐





posted by Guinness好き at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック