2008年12月28日

[Book]英会話ヒトリゴト学習法

[Book]英会話ヒトリゴト学習法

英会話ヒトリゴト学習法(PHP研究所、著者:酒井 穣)
英会話ヒトリゴト学習法
酒井 穣
PHP研究所
売り上げランキング: 860
おすすめ度の平均: 5.0
5 戦略の教科書、延長戦。
5 著者で選んだ本ですが、読んで大正解でした。
5 スピーキング能力向上への効果的かつ現実的なアプローチ
5 ビジネス思考を強化する「英語本」

以下、目次です。
目次
理論編
1.英語を学習する理由
2.英語の学習はなぜ難しいのか
3.スピーキングはなぜ特に難しいのか
4.英会話ヒトリゴト学習法
5.ヒトリゴト学習法の理論的なポジショニング について

実践編レベル1 ヒトリゴトによる基本語彙の形成
1.学習法の背景(レベル1)
2.ヒトリゴト学習法(レベル1)

実践編レベル2 ヒトリゴトによる発音の矯正
1.学習法の背景(レベル2)
2.ヒトリゴト学習法(レベル2)

実践編レベル3 ヒトリゴトによるビジネス思考の訓練
1.学習法の背景(レベル3)
2.ヒトリゴト学習法(レベル3)

発展編
1.ヒトリゴト・パートナーを探そう
2.文法の世界の、恐ろしいまでの奥深さ
3.語源を探る面白さ
4.英会話学校について
5.短期留学を考える
6.英語で夢をみる

解説 赤松 武(外務省国際協力局政策課)
amazonHPから引用させていただきました)


◆概要&感想◆
勝手ながら尊敬している酒井穣氏による著書、ということで著者買いしました。
英語の勉強本ということで、もちろん勉強方法についても記載されていますが、帯にもあるとおり、アルターエゴという概念について書かれている本でもありました。
一種の人格論とでも言いましょうか…

なので、とにかく新鮮でした。
英語の勉強法と、人格論を絡めて、かつわかりやすく論じられているため、他の英語関連本と一線を画しています。
もちろん英語の勉強法については、一つ一つ丁寧に論理立てて書かれていますので、ストンと納得する気持ちよさがありました。

特にヒトリゴト学習法レベル1については面白そうです。
自分で考える面白さもありますし、英英辞典で答え合わせをするような感覚。

英語は英語で考える、ということ自体は、以前読んだ「英語は逆から学べ!」にもありました。
英語を勉強する時は全て英語の教材を使い、日本語をシャットアウトすべし、という考え方は、本書を読むことで大納得。

ヒアリングや文法、発音から英会話学校、留学まで英語を学習するにあたって活用されるであろうものが酒井さんの観点からコンパクトに網羅されているので読みやすく、かつ参考になりました。

そして何よりあとがきの最後の1行、これにやられました。
自分の中のアルターエゴを育てたいと思います。
そして対話できるように。

斬新かつ納得の一冊でした。

◆気付き◆
・言語ごとに脳は違う部位を使っている
・極論すれば内容語だけでも意味は通じる
・アルターエゴを使いこなすことで新しい世界が生まれる

◆学び◆
・外国語を習得すると、もう一人の人格(アルターエゴ)が現れる
・人格が異なると思考も変わる
・アルターエゴと対話も可能

◆宣言◆
・英英辞典を購入する(既にしました)
・ヒトリゴト学習法レベル1をまずは実践
・ヒアリングする際には機能語と内容語を意識して聞く

◆オススメしたい方◆
・英語の学習で苦労されている方
・英語の学習が順調に進んでいる方
・英語を学習するにあたっての考え方を知りたい方
・「アルターエゴ」って何?と思った方

■関連リンク■
・本書紹介ページ(PHP研究所HP内)
・著者酒井穣さんブログ

■関連過去エントリ■
・[Book]英語は逆から学べ!
・[Book]はじめての課長の教科書



posted by Guinness好き at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111812904

この記事へのトラックバック