2009年01月13日

[PremierLeague]第21節 Stoke City - Liverpool

Stoke City 0 - 0 Liverpool
(10.1.2009 Sat)




首位で新年を迎えたリバプールにとって2009年のリーグ初戦。
相手は苦しんでいるストークシティということもあってきっちり勝点3を取りたかったところでしたが…

結果はまさかのスコアレスドロー。
うーん…
こういう取りこぼしが無いことがリバプールリーグ制覇の絶対条件なだけにこれは痛い。
次戦以降に引きずることなく、また勝点を伸ばしてほしいところです。
ファーギーに言ったとおりだけにはなってほしくないです。
(「リバプールはミスをおかし、それが致命的になるだろう」という趣旨のことを言ったようです)

今節のビッグマッチ、マンU - チェルシーですが、こちらはなんと3-0でマンUが勝利。
ヴィディッチ、ルーニー、ベルバトフと役者がきっちり点を取って完勝。

それにしてもヴィディッチはクラブワールドカップといい、大事な試合で点を取りますね…
セットプレイでの素晴らしいオプションですね。

これでリバプールとは5ポイント差、試合消化が少ない関係で首位が見える位置に来てしまいましたね。
やっぱりマンUは怖い…

一方のチェルシーはリバプールとは4ポイント差。
この完敗が尾を引くかどうかがポイントになるかもしれないですね。

この3チームに続いてアストンヴィラ、アーセナルと続きます。
いよいよプレミアシップも群雄割拠になってきました。
勝負はここからですね。
楽しみです!
もちろん最後はレッズ優勝のシナリオで!

■関連過去エントリ■
・[PremierLeague]第20節 Newcastle United - Liverpool




posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック