2009年02月19日

[Book]ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩(文藝春秋、著者:東野圭吾)
ガリレオの苦悩
ガリレオの苦悩
posted with amazlet at 09.02.17
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 597
おすすめ度の平均: 4.0
4 久々のガリレオ
2 こんなに軽い感じなんですね。
1 どうしちゃったの?東野さん
3 東野圭吾の苦悩
4 定価で買うには・・・

◆概要&感想◆
すっかり福山雅治氏主演のドラマが定着した感のあるガリレオシリーズ。
それに触発されたのか、ドラマに近い登場人物、設定となっています。

個人的には、前2作の草薙刑事とのやり取りが好きだっただけに、少し残念な気が…
読んでいてもどうしてもドラマのキャストが浮かんできてしまうんですよね。。

さらに5つの短編のうち、最初の2編は先日のフジテレビのドラマスペシャル「ガリレオΘ(エピソードゼロ)」で放送されたもの。
既に内容を知っていただけに、これまた少しガッカリで…

本作は、何となく表題に表れているとおりガリレオこと湯川准教授の私生活にもほんの少しだけ迫る5編が納められています。
そのあたりも少し違うと感じた原因かもしれません。

読んでいると面白いですし、あっという間に読み終わってしまうので、ハマっているのは確かなのですが。。
湯川准教授を中心とした軽快な掛け合いは面白いですし。
ドラマの情景で読んでしまう自分が嫌なだけなのかもしれませんが…

ほぼ同時に刊行されたもう一冊、聖女の救済に期待です!
といっても、これもまたドラマを思い浮かべてしまうのでしょうが。。

3

■関連過去エントリ■
・[Book]夜明けの街で
・[Book]流星の絆



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114415979

この記事へのトラックバック