2009年02月26日

[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Chelsea - Juventus

Chelsea 1 - 0 Juventus (25.2.2009 Wed)
12分 ドログバ【チェルシー】



ヒディング監督にとってチェルシーでのCL初戦となるこの試合。
リーグ戦の対ビラ戦と同じく、ドログバを真ん中に据える3トップで臨みました。

監督がヒディングに代わったせいか、活き活きして見えるドログバ。
開始早々の12分にカルーからのパスをうまくさばいて見事なゴール。
これが決勝点となってチェルシーが先勝。

ただ、後半はユーベが試合を支配していた印象があります。
チェフの好セーブがチームを救いましたね。
テリー不在の中、アウェイゴールを許さなかったのは評価されるとは思いますが…

2nd.legは3月10日予定なので少し時間があります。
ヒディングとしてはその間に自分のやり方を少しでも浸透させておきたいところかと。
それにしても就任後、ビラパークでのビラ戦、CLと続けて迎えた難しい試合を連勝という結果にしたあたりさすがヒディングですね。

ただ、言ってみれば前半を終わって1-0の展開。
後半、しかも場所を変えてチェルシーからするとアウェイで1点リードのみということなので、まだまだわかりません。
ラニエリもデッレアルピでお返し!とか考えているでしょうし。

予断を許さないこのカード、2nd.legも楽しみです。

さて、その他の2試合も結果だけ。
スポルディングリスボン - バイエルン・ミュンヘンは、0-5でバイエルン。
ていうか0-5って…
アウェイで5点ということもあり、バイエルンの準々決勝進出はほぼ確定かと。
トニが2点、リベリが2点、クローゼが1点と3役そろい踏みだったようです。

もう1試合、ビジャレアル - パナシナイコスは、1-1のドロー。
ビジャレアルにとってはアウェイゴールも取られていますし、痛い結果ですね。。

というわけで1st.Roundの1st.legが終了しました。
こうしてみると、プレミア勢は3勝1分と非常に良い成績ですね。
と言っても3勝は全て1-0という最少スコアなのでまだまだ油断はできませんが。。

あと、スペイン勢は3分1敗とやや苦戦気味。
バルサはアウェイでドローなのでOKとしても、他3チームは全てホームでドローもしくは負け、しかもアウェイゴールを取られています。
セリエ勢も1分2敗と苦戦。
プラティニ会長としては、お気に召さない展開ですね(笑)

スペイン勢、セリエ勢が2nd.legで巻き返すのか、プレミア勢がこのまま押し切るのか、2nd.legも要注目ですね。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Real Madrid -
Liverpool

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Arsenal - AS
Roma

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan -
Manchester United

・[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント




posted by Guinness好き at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック