2009年03月01日

[Book]10年後あなたの本棚に残るビジネス書100

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100(ダイヤモンド社、著者:神田 昌典、勝間 和代)
10年後あなたの本棚に残るビジネス書100
神田 昌典 勝間 和代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2292
おすすめ度の平均: 3.0
5 いいんじゃん、ビジネス書ランキング、勝間版と、神田版。
1 この方々は・・
1 ダメ本
3 もう少し構成等に工夫が欲しかった
3 雑誌の記事のような感じ?

目次
巻頭対談 神田昌典・勝間和代
いかにして、10年後あなたの本棚に残る本を選んだのか?

巻頭インタビュー 神田昌典
ビジネス書を読む意義と“スピード情報編集法”としてのフォトリーディングの実践

巻頭インタビュー 勝間和代
1か月に100冊読む勝間式読書投資法

神田昌典が初公開!
この本だけは絶対読もう! 究極の10冊

勝間和代が厳選!
この本だけは絶対読もう! 至高の10冊

神田昌典が語る
「10年後あなたの本棚に残る40冊」はこれだ!
大ヒットを飛ばしたいときに読む9冊
経営マネジメントに強くなる8冊
未来を見通す力をつける6冊
1%の本質を見抜く力をつける7冊
壁にぶつかったときに読む10冊

勝間和代が語る
「10年後あなたの本棚に残る40冊」はこれだ!
壁を乗り越えたいときに読む8冊
あなたの潜在能力を開花させる6冊
大ヒットを飛ばしたいときに読む5冊
経営戦略のプロフェッショナルになる8冊
未来を見通す力をつける4冊
人間・歴史を知る9冊

巻末付録(1)
全国カリスマ書店員9名が語る! 私の思い入れのある1冊

巻末付録(2)
神田昌典・勝間和代が明かす「年齢別」読書年表

巻末付録(3)
神田昌典・勝間和代の厳選オーディオブック37+DVD3選

ダイヤモンド社HPから引用させていただきました)
◆本書を読む視点◆
・成功者2人はどのような視点でビジネス書の名著を読んだのか

◆本書を一言で表すと◆
・ビジネス書を読む観点の例

◆概要&感想◆
神田さんと勝間さんというビジネス書出版界の大家お二人によるビジネス書の紹介本。
普遍的なビジネス書の名著をそれぞれ50冊ずつ紹介されています。

ただ、本書の意義は単に名著を紹介する、というわけではないと思います。
神田さんと勝間さんという押しも押されぬお二人は、名著をどのような角度で読み説き、どのようにその後活かしたのか、それを紹介する本かと。
なのでお二人それぞれの見方を垣間見る為の1冊だと思います。

もちろん膨大な量の本を読んでいらっしゃるお二人なので紹介されている本は基本的には間違いないのだと思います。
ただ、それもお二人の意見でしかないわけで。

本書に紹介されている本について、お二人のコメントはあえて読まずに書名だけメモし、書店orオンラインで買って読んでみる。
その読後の感想や思いと本書内のお二人のコメントを比較してみる、といった読み方もいいかと思います。

人によって名著を50冊選べと言われれればその人なりの50冊がありますし、それでいいのだと思います。
本書冒頭にも、「一番良くないのは本書に紹介されている本を片っ端から順に読んでいくこと」とありますがそのとおりかと。

あくまで本選びの引き出しを増やすくらいのつもりで読むとちょうど良い一冊かと思います。

3.0

◆学び◆
・可能であれば洋書にチャレンジしてみる
・オーディオブックで洋書にチャレンジしてみるのも手

◆オススメしたい方◆
・神田さん、勝間さんがどのようなビジネス書をこれまで読んできたのか興味がある方
・神田さん、勝間さんがビジネス書から何を得てきたのか興味がある方
・神田さん、勝間さんがビジネス書をどのように評価しているのか興味がある方
・オーディオブックに興味がある方
・プレジデントの読書特集が好きな方

■関連リンク■
・本書紹介ページ(ダイヤモンド社HP内)
・神田昌典公式サイト(著者神田昌典氏公式HP)
・私的なことがらを記録しよう!!(著者勝間和代氏公式ブログ)

■関連過去エントリ■
・[Book]PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/2号 09年版「役職・課目・場面別」厳選600冊!-勝ち残る人が読む本・落ちる人の本
・[Book]お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践
・[Book]読書進化論
・[Book]史上最強の人生戦略マニュアル
・[Book]勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
・[Book]無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
・[Book]無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
・[Book]勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!





posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック