2009年03月07日

[セミナー]発音矯正から始める英語学習講座

今年3つめのセミナー参加は英語モノ。
前のエントリにもしたシゴタノ!プレゼンツのセミナーでした。

セミナー名は「発音矯正から始める英語学習講座」というもの。
その名のとおり、発音矯正を行い、ヒアリング及び英語力を向上させよう、というもの。

英語の勉強はしているものの、発音への関心はイマイチだったというのが正直なところでしたので非常に参考になりました。

◆本セミナーに参加するにあたって◆
・留学経験もない日本人でも発音矯正は可能なのか、可能であればその方法は?

◆本セミナー内容を一言で表す◆
・英語はスポーツ!

◆概要&感想◆
講師は、高島陽子先生。
英語が堪能でその指導をされたりするだけでなく、フードコーディネーターの資格もお持ちのようで(むしろこちらが本業でしょうか)、数々のHPやブログでご活躍されているようです。
以下、高島先生の略歴をシゴタノ!から引用させていただきます。
26歳から独学で本格的に英語の勉強を始める。
わずか半年でTOEIC高得点(875点)をマークし、
HPの中途採用に合格。TOEICはその後985点。
ロンドン大学の大学院で2つの修士号を取得。
世界の大学TOP10(Times誌)にランクインする
インペリアル・カレッジ・ロンドンを首席クラスで卒業。
シゴタノ!より引用させていただきました

上にも書いたとおり、ぶっちゃけ発音は後回し、語彙力つけて、聞いたり、読めたり、日本語英語でもいいので話せるようになってからの話かな、などとも思っていました。
実際問題、発音矯正自体難しいとも考えていましたし…

本セミナーを受講して最大の収穫は、「その発音矯正は可能」、「キレイな発音は出せる」ということが認識、実感できたことです。
もちろん無意識に、かつ自由自在にとなるには、相当の鍛錬が必要ではありますが、とにもかくにも可能なことがわかったことがまず収穫でした。

実際に、意識することで自分の口からそれっぽい音が出るのはやはり快感なわけで。
この音を自分でコントロールできるようになれば…、と考えると自ずとモチベーションは上がります。

後は「英語はスポーツ」と高島先生が仰っていたとおり、ひたすらに鍛錬の日々あるのみ、ということですね。
その鍛錬のためのモチベーションをいただいた感じです。

本セミナーの内容は以下のようなものでした。
・あるツールを使った発音矯正の実習
・推奨テキストの紹介、使い方
・高島先生が実践された英語学習法の紹介

他にもいろいろ盛りだくさんの内容でしたが、ネタバレになってしまいますので、詳細には書きません。

本セミナーで良いと思った点は次の2つ。
・発音の実習中、高島先生による1人1人のチェックがあった
 少人数とはいえ、ここまでやっていただけるとは思いませんでした。
 OKをいただけるとこれまたモチベーションアップになりましたし。
・フォローアップ講座が含まれていること
 本セミナーは3月4日に開催されましたが、その1週間後の3月11日にフォローアップ講座が開催されます。
 セミナー後、高島先生から教わったことを実践してみて、疑問に思ったこと、困った点をフォローしていただけるというのは大変心強いかと。
 実際問題、セミナーの2時間で全て賄うにはムリがあると思いますし、仕組みとして素晴らしいな、と。

個人的には納得感を持って講座を受講できましたし、自分の中で発音のプライオリティが上がるとともに、その嬌声方法についても光明が見えました。
とにもかくにもフォローアップ講座までみっちりと鍛練しようと思います。

追補
当日、会場に本講座主催者のシゴタノ!大橋さんがいらっしゃっているのはわかっていたのですが、さらに佐々木 正悟さんもいらっしゃっているのには驚きました。
新刊の宣伝も兼ねていらっしゃいましたが(笑)
英語ハックス、欲しいと思っていたところでした。
買おうかなぁ。。

◆学び◆
・発音は矯正できる
・英語はスポーツ
・英語学習法の勘所をいろいろと(内容自重)
・フォローアップという仕組みの有用性

◆宣言◆
・発音矯正をコツコツとストイックに実施する

■関連リンク■
・03/04(水) 発音できない音は永遠に聞き取れない〜発音矯正から始める英語学習講座(シゴタノ!内)
・間もなく満席!発音矯正から始める英語学習講座
・日々勉強を楽しもう!(講師 高島陽子さんブログ)
・シゴタノ!
・SOHO考流記(主催者 大橋悦夫さんブログ)

■関連過去エントリ■
・[セミナー]グローバルセンスを刺激する デーヴィッド・マークス 消費・文化トレンド分析2009
・[セミナー]ムチャな目標設定で一年を棒に振りたくない人のための 自分の「強み」発掘セミナー





posted by Guinness好き at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Seminar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック