2009年03月16日

[PremierLeague]第29節 Chelsea - Manchester City

Chelsea 1 - 0 Manchester City (15.3.2009 Sun)
17分 エッシェン【チェルシー】



一時は今季絶望か、とも言われたエッシェンの復帰はやはり大きいですね。
中盤のダイナモとして守備も攻撃もできて、かつチームにダイナミズムを与えるその存在感は抜群かと。

CLユーベ戦の復帰戦での貴重な同点ゴールに続いてこの日は決勝ゴール。
勝負強さもありますし。

この試合でデコが負傷退場し、今季絶望の可能性もある中、チェルシーの中盤の大黒柱復帰には、ヒディングも胸をなで下ろしていることだと思います。
不満点があるとすれば数あるチャンスを決められず、試合展開を楽にできたなかったことでしょうか。

とはいえ、ヒディング就任後7戦負けなし(6勝1分)、不気味なチェルシーです。

4位を激しく争っているアーセナルとヴィラですが、今節も明暗を分けました。

アーセナルは、アルシャビンのゴール+エブラの2ゴールなどで4-0とブラックバーンを一蹴。
数試合前までのスコアレスドローの嵐はどこへやら。

CLでもローマ相手に勝ちましたし、セスク無しでも持ちこたえていますね。
来月にはそのセスクも復帰の見込み。
アルシャビンがそれまでにチームにフィットすると、よい感じになりそうですが。

一方のヴィラはホームでスパーズ相手に1-2と敗れています。
ここ4試合で3敗目、チームの状態がここにきて下降しつつある印象。

これでアーセナルとスパーズは勝点で並び、得失点差でアーセナルが4位に。
まだまだ並んだところではありますが、チームの状態に差があるような…

この調子で上位もつまってほしいところです。

■関連過去エントリ■
・[PremierLeague]第29節 Manchester United - Liverpool




posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック