2009年04月07日

[PremierLeague]第31節 Manchester United - Aston Villa

Manchester United 3 - 2 Aston Villa (5.4.2009 Sun)
14分 C.ロナウド【ユナイテッド】
30分 カリュー【アストンビラ】
58分 アグボンラホール【アストンビラ】
85分 C.ロナウド【ユナイテッド】
90分 フェデリコ・マケダ【ユナイテッド】



リバプールがロスタイムで勝って、ユナイテッドにプレッシャーをかけて迎えたこの試合。
ユナイテッドも同じくロスタイムに17歳の新鋭マケダの劇的ゴールで勝利。

ファーディナント、ヴィディッチ、ベルバトフ、ルーニーを欠く布陣で勝点3を手にしました。
リバプールファンとしては、せめてドローだったら…というのが正直なところですが、ここはローマ(ラツィオユース)育ちの17歳の活躍を褒めるしかないですね。

早速、ラツィオ会長は、マケダの放出を嘆いたとか(笑)
ユナイテッドの攻撃陣の中で出場機会を得るのは至難の業ですが、このゴールで少なくともファーガソンの有事の際のオプションに入ったことは間違いないと思います。
そういう意味ではチャンスを掴んだということかと。

これで依然としてリバプールとの勝点差は1(実質4?)。
ここからはCLとの並行日程になり、かつユナイテッドは未だ5冠の可能性を残しているだけに、どれだけシーズン終盤までコンディションを維持できるかがカギとなりそうです。

■関連過去エントリ■
・[PremierLeague]第31節 Fulham - Liverpool
・[PremierLeague]第30節 Fulham - Manchester United





posted by Guinness好き at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック