2009年04月12日

[Book]虹を操る少年 (講談社文庫)

虹を操る少年 (講談社文庫)(講談社、著者:東野圭吾)
虹を操る少年 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 52783
おすすめ度の平均: 4.0
3 東野圭吾が描くSFもの
3 革新と旧弊、少年と大人の終わることなき戦い!?
3 リズムの違い
5 面白い
4 光と共に

◆概要&感想◆
東野圭吾さんの本ですが、本書はちょっと実験的な(?)一冊かと。
ミステリーというよりはSF色が強いですね。

一風変わった感じですが、その筆の冴えはさすが。
そもそものコンセプトがなぜそこに着眼?!というもの。

ホント、色々考えますね…

ストーリー物なので、犯人がどう、という作品ではなく、メッセージ性の強い作品かと。
東野さんの場合はどんな作品でも面白く読めてしまうのがスゴイところです。

ちなみにあとがきは、今個人的に注目している井上夢人氏。
2人は興味の方向性が似ているのだとか。
これはますます井上夢人さんの作品も読まなければ…

■関連過去エントリ■
・[Book]天使の耳
・[Book]ガリレオの苦悩
・[Book]夜明けの街で
・[Book]流星の絆



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック