2009年04月20日

[FACup](Semi Final)Manchester United - Everton

Manchester United 0 - 0 Everton (19.4.2009 Sun)
PK 2 - 4



FAカップもついにセミファイナル。
ここからは聖地ウェンブリースタジアムでの試合、かつ一発勝負。
ドローでもリプレイ(再試合)はなく、延長線、PKでの決着となります。

今季5冠がかかっていたユナイテッドですが、その夢はこの日潰えることに。
といっても、ユナイテッドとしてはできればいいけど、現実的には難しい、と思っていた節があり、周囲が煽っていた5冠。

その証拠というか、ユナイテッドはCLのポルト戦から先発を8人変えて臨んでいます。
これは明らかに、リーグ戦とCLにターゲットを絞っている、という表れかと。
クラブワールドカップまで戦っている今季、疲弊している主力を休ませて、リーグ戦とCLを優先させることが必要と判断したのでしょう。

エバートン相手に延長まで戦っても0-0、PK戦までもつれ込んだこの試合。
ユナイテッド側は、ベルバトフとリオ・ファーディナンドが外して負けという結果に。

エバートンのGKは元ユナイテッドのハワード。
日本的に言えば「恩返し」というやつですね。

ただ、68分にエバートンは限りなくPKに近いプレイでウェルベックを倒してしまい、審判の判定に助けられてた一面もあるようです。

何はともあれエバートンが決勝に進出。
前回FAカップを制した1995年以来の決勝進出です。

リバプールファンとしては、ライバルであるエバートンに上位に行かれるというのは、決して嬉しいことではないので、そろそろこのへんで…というのが本音だったりします(笑)

BIG4同士の対決となったこの試合。
アーセナルが18分ウォルコットのゴールで先制したものの、チェルシーはマルダのゴールで同点に。
そして、現在絶好調のドログバが84分に決勝ゴールを決めて1-2でアーセナルを下し、決勝へ。

個人的にはアーセナルに上がってほしかったのですが。。
リバプールとのCLでの激戦の疲労が残るチェルシーは前半あまり良くなかっただけに、惜しい試合を落としました。
先制点を挙げるまではよかったのですが…

チェルシーは、ここぞ、という場面でやはりドログバやランパードが光りますね。
ヒディング就任以来特にそういった場面が増えてきました。

決勝の焦点は、エバートンがドログバを止められるか否か、になりそうですね。
注目のファイナルは5月30日ウェンブリーで!

■関連過去エントリ■
・[FACup](Quarter Final)Coventry City - Chelsea




posted by Guinness好き at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック