2009年05月08日

[Book]99%の誘拐

99%の誘拐 (講談社文庫)(講談社、著者:岡嶋 二人)
99%の誘拐 (講談社文庫)
岡嶋 二人
講談社
売り上げランキング: 169322
おすすめ度の平均: 4.0
4 完成度の高いエンターテイメント
5 すばらしいスピード感と乗り心地の良さ!
4 この軽さおすすめ
5 岡嶋二人を再評価させる疾走感
4 犯人のクレバーな仕事っぷりに見入るものがある。

◆概要&感想◆
計算しつくされたクライムエンターテイメント。
序章と本章のつながりといい、お見事です。

そして、以前エントリした「ビッグゲーム」でもそうでしたが、本書の刊行の時代(1988年)にこれだけの技術(パソコン通信であり、モデムであり、ラップトップコンピュータなどなど)を駆使した緻密な作品を仕上げるとは…

今読んでも別に古くはありません。
むしろ技術が普及した今、ようやく一般の方でも特段違和感もなく読めるのではないでしょうか。

ただ、技術面を駆使していることについては、あくまで手段でしかなく、やはり犯人と警察との知恵比べが本書の真骨頂かと。

読後も爽快感が残る一冊。
面白かったです。

◆オススメしたい方◆
・誘拐ものを読みたい方
・クライムエンターテイメントを堪能したい方
・技術を駆使した犯罪計画ものを読みたい方

■関連リンク■
本書紹介ページ(講談社HP内)

■関連過去エントリ■
[Book]ビッグゲーム
[Book]クラインの壺 (講談社文庫)





posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック