2009年05月09日

[Book]聖女の救済

聖女の救済(文藝春秋、著者:東野圭吾)
聖女の救済
聖女の救済
posted
with amazlet at 09.05.07
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 1041
おすすめ度の平均: 4.0
4 犯人の存在感
5 タイトルの意味がわかったときゾッとしました
4 逆転の発想
2 微妙だなぁ。。
4 草薙刑事と内海刑事が活躍

◆概要&感想◆
映画やドラマですっかりおなじみになったガリレオシリーズ。
いつの間にか倶楽部ガリレオなる公式サイトまでできていたのですね。。

本作は同時刊行された「ガリレオの苦悩」とは異なり、大ヒットした容疑者Xの献身に続く、ガリレオシリーズの長編もの。

とはいえ、趣きはだいぶ異なります。
本作は純然たるミステリー。
感動とかはありませんが、その分気楽に読めます。

本作の内容は、終始ある1点に絞られます。
その点についてひたすら考えながら読む、というスタイル。

この発想はありませんでした。
スゴイです。

途中、内海刑事絡みの何気ないシーンでニヤリとさせられる点もありました。
…これも遠くないうちに映画化されるのかもしれませんね。

■関連リンク■
本書紹介ページ(文藝春秋社HP内)
倶楽部ガリレオ(東野圭吾著ガリレオシリーズ公式サイト)

■関連過去エントリ■
[Book]毒笑小説 (集英社文庫)
[Book]虹を操る少年 (講談社文庫)
[Book]天使の耳
[Book]ガリレオの苦悩
[Book]夜明けの街で
[Book]流星の絆


posted by Guinness好き at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック