2009年05月18日

[PremierLeague]第37節 Manchester United - Arsenal

Manchester United 0 - 0 Arsenal
(16.5.2009 Sat)




慎重な姿勢で、アーセナルとホームでスコアレスドローに持ち込み、勝点を87まで伸ばしたユナイテッドが1節を残して見事ホームで優勝を決めました。

やはりやられてしまいました。
できれば最終節までもつれこんでほしかったのですが…
これでリーグ3連覇。
またユナイテッドの黄金期がやってきていますね。

チーム全体としては若い上に、ギグスやファンデルサール、スコールズらベテランがうまく融合したチームなのがユナイテッドの強み。

C.ロナウドやテベスの去就など、来季に向けて外野がうるさくなってはいますが、まだ強いユナイテッドは続きそうですね。

BIG4相手には、チェルシー相手にホームで3-0で勝った以外、勝っていないのですが、
とにかく取りこぼしが少なく、安定していた印象がある今季のユナイテッド。
特に年が明けてからの強さは異常でした。

リバプールもかなりいいセンいっていたのですが…
ホームで7引き分けが響いてしまいました。

これでユナイテッドは18度目のリーグ優勝。
リバプールが持つリーグ優勝回数記録に並びました。
特にユナイテッドの場合、レベルが高くなった(であろう)プレミアリーグになってからの優勝が11度。
対してリバプールはプレミアリーグになってからは、優勝なし。

今季ユナイテッドとチェルシー相手にダブルを達成していることからも、リバプールに優勝する力があることは十分わかりました。
何とか来季はリバプールがユナイテッドの連覇にストップをかけるとともに、プレミアリーグとしての初優勝をぜひに!

■関連過去エントリ■
[PremierLeague]第33節 Wigan Athletic - Manchester
United

[PremierLeague]第36節 West Ham - Liverpool




posted by Guinness好き at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック