2009年06月24日

[Book]70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる

70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる(宝島社、著者:高城 剛)
70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる  (宝島社新書)
高城 剛
宝島社
売り上げランキング: 41148
おすすめ度の平均: 3.5
4 視点の大切さ
3 方法でもなんでもなく
1 なるほど
2 world is flatの日本語版といったところでしょうか
5 高城剛氏のセンスのよさが光る

目次
はじめに

第一章 いま、空の旅はここまで安くなった!
世界の航空運賃は日本の格安航空券のわずか10分の1!?
サウスウエスト航空に見る、LCCの仕組み
サウスウエスト航空は国内線のみで世界9位の航空会社へ ・・・ほか

第二章 航空業界が取り組むエコと最先端技術
飛行機はとんでもなくCO2を排出する
燃油の高騰で空が変わった!
次世代エネルギーの飛行機がついに登場! ・・・ほか

第三章 問題だらけ!? 日本の航空事情
IT革命後、リアルが求められた
年間20億人!? 拡大し続ける航空市場
贅沢か? 格安か? 2極化する航空業界 ・・・ほか

第四章 空を知れば世界がもっと近くなる!
とにかく僕らは世界を見よう!
第二次航空革命時代がやってきた!
同じ島国でも「イギリス」と「日本」は違う ・・・ほか

おわりに
宝島社HPから引用させていただきました)

◆本書を読む視点◆
・今の空の状況を知る

◆本書を一言で表すと◆
・空の旅を身近にするススメ

◆概要&感想◆
一時期、ハイパーメディア・クリエイターとして、そして沢尻エリカさんと結婚されたことで話題となられた高城 剛さんの著書。
『「ひきこもり国家」日本』の続編のようです(未読ですが)。

タイトルにある「70円で飛行機に乗る方法」というのは、やや誇張かと。
航空運賃として考えれば70円というのは実際にありますが、その他空港使用税などかかるため本書の通りの方法でも70円ではすみません。
なので、タイトルどおり数十円で飛行機に乗れる方法の本を期待するとガッカリ、となると思います。

ただ、本書は今の日本や世界の空を取り巻く状況を解説した本としてはうまくまとまっていると思います。
LCC(Low Cost Carrier、格安航空会社))の台頭であったり、オープンスカイ協定であったり、各国の空港インフラの整備を中心とした航空施策などについてわかりやすく書かれています。

特に日本ではまだ緒についたばかりの格安航空会社についてと、それを利用した欧州での航空利用についてじっくり書かれています。

LCCについては、私も2003年頃にイージージェットライアンエアーを利用したことがあります。

当時もかなりの利用率を誇っているとともに、総額数千円でロンドン-アイルランド間や、北アイルランド-エジンバラ間を移動することができ、感動した記憶があります。

自由席+飲み物や食べ物持参なのでかなり自由だなぁ、と。
短いフライトながらも機内では飲み物がかなり売れていて、何だかんだ言っても機内販売で利益が上がることがよくわかりました。

今は当時よりも液体などの持ち込みがかなり厳しくなっていますが、どのようになっているのでしょうか…
恐らく持ち込めるのは空港のチェックイン後の売店で買った物のみ、となっているのでしょうが。

ただ、そのあたりを差し引いてもその安さは魅力的。
そんなLCCのススメとしても面白いと思います。

また日本の空港事情や各キャリアの状況についても色々と書かれていますが、読めば読むほど日本の航空行政について不安になります。
その現状を把握する、という面でも参考になると思います。

本書のテーマとしては、もっとうまく空の旅を使いこなして日本だけでなく世界を見て生きていこう、というメッセージなのだと思いますが、単純に航空事情について知るのにも良い一冊でした。

◆気になったポイント◆
そもそも、これだけグローバル化が進んだ現代において、人が移動しづらい「鎖国」のような状況を作り上げることに何かメリットがあるのだろうか。空港が使いづらければ誰もやってこないだろう。
成田と羽田の利便性を高め、より快適な状況を作らなくては、真の国際化までの道のりは遠いといわざるを得ない。
著者のスタンスは反行政なのでは?という向きの方もいるかもしれませんが、ここでの主張については非常に当たっていると思います。
この点については、ぜひ今後の青写真をしっかりと描いて今からでも巻き返しを図ってほしいのですが…
とにかく今後の日本の方針と照らし合わせて、どの方向に向かうのかはっきりさせてほしいところです。

◆オススメしたい方◆
・LCCに興味がある方
・日本も含めた世界の航空行政に興味がある方
・航空ビジネスに興味がある方
・高城 剛氏の生き方、考え方に興味がある方

■関連リンク■
本書紹介ページ(宝島社HP内)
TSUYOSHI TAKASHIRO -BLOG-|honeyee.com Web Magazine(著者 高城 剛氏ブログ)
高城 剛のGOUK2009(著者 高城 剛氏Virgin Atlantic航空関連ブログ)
takashiro.com(著者 高城 剛氏公式HP)

■関連過去エントリ■
[Book]ピーター流わくわく旅行術
[Travel][Book]Travel Community Magazine 4travelを読んでみた



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック