2009年09月06日

[Book]おれは非常勤

おれは非常勤(集英社、著者:東野圭吾)
おれは非情勤 (集英社文庫)
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 41704
おすすめ度の平均: 3.5
4 本当に器用な作家
3 気軽に読める短編集
4 子供に対して非情ながらも温かい俺
4 大人が読んで楽しい<小学生向けハードボイルド>
3 魅力的な「おれ」

目次
おれは非情勤
放火魔をさがせ
幽霊からの電話
amazonから引用させていただきました)

◆概要&感想◆
東野圭吾氏による短編集。
小学生向けの雑誌に連載されていたそうで、内容もライト、ですがしっかりと東野さんの作品になっています。
非常勤の先生が謎を解くストーリーですが、舞台は小学校。
タイトルも凝っていて、1話から6話まで出てくる小学校はそれぞれ1から6までの数字が入る名前になっています。

いつもの東野さんとはタッチが違いますが引き込む力は変わらず。
テンポよく読める一冊です。

◆オススメしたい方◆
・ライトな東野作品を読みたい方
・東野さんが小学生向けに書いたものに興味がある方

■関連リンク■
本書紹介ページ(集英社HP内)
本書特集ページ(集英社HP内)

■関連過去エントリ■
[Book]パラドックス13
[Book]怪しい人びと
[Book]ブルータスの心臓
[Book]毒笑小説 (集英社文庫)
[Book]聖女の救済
[Book]毒笑小説 (集英社文庫)
[Book]虹を操る少年 (講談社文庫)
[Book]天使の耳
[Book]ガリレオの苦悩
[Book]夜明けの街で
[Book]流星の絆



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127384388

この記事へのトラックバック

東野圭吾『おれは非情勤』
Excerpt: おれは非情勤集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『おれは非情勤』を紹介します。本書は、小学生向けの雑誌で掲載されていたものを文庫化したものである。ミステリー作家を目指しているために非常勤..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2009-09-11 14:30