2008年06月06日

[EURO]EURO2008 組み合わせ&予想 その2

前のエントリに続いてEURO2008のGroupCとGroupD 組み合わせと予想を。

<GroupC>
 イタリア、オランダ、フランス、ルーマニア

 もうとんでもないですね、ここは。
 ズバリ、1位 フランス、2位 イタリア。
 予選でもドイツW杯のファイナリスト2チームが同組になって話題を
 さらいましたが、
 まさかもう一度Groupリーグで同じになるとは…
 GroupBのドイツの件と言い黒いうわさが流れるのも
 仕方ないですね(笑)
 GroupBとGroupCのアンバランスさを考えても、組み合わせ抽選方法を 考えてほしいものですが。

イタリア
トッティが代表引退してしまったため姿を見られないのは残念ですが、デロッシがいて、トニがいて、ブッフォンがいて…とドイツW杯でカップを掲げたメンバーがバッチリ残っているので突破は間違いなし!と思います。
不安要素は2つ、大会直前のキャプテンカンナバーロの怪我による離脱と、
そもそもスロースターターであること(笑)
トーナメントチームということでエンジンのかかりも悪く予選は2位通過かなと。

オランダ
他のグループであれば太鼓判なのですが…
余りチーム全体がうまくいっていない印象があるのと、ファンニステルローイが
どこまで手術から回復してトップフォームに戻っているのか。。
もちろん手術後のクラシコではいい活躍でしたが。
中盤はスナイデルとファンデルファールトにかかっている印象なのですが大国2つが相手なので少々厳しい印象。
チームがお決まりのお家騒動から内部崩壊しなければいいのですが…
       
フランス
万全ではないでしょうか。ジダン引退でどうかな、と思ったらリベリーをはじめ、マルダやらベンゼマやらナスリやら次から次へと若手が。
ネックとされているアンリやテュラム、ヴィエラ、マケレレ等の年齢はありますがシーズン中の休養(笑)と経験などで十分補えるかと。

ルーマニア
ハッジという偉大すぎる呪縛から逃れ、さあ!というEUROだったはずがこの組み合わせ。
試合はやってみないとわからない、とは言えこのGroupではどのチームもハナから油断はせず全開のはず。大国が油断せず全力で、となると非常に厳しいと思います。
試合を重ねればもっと強くなりそうではあるのですが。ある意味GroupCのカギを握るチームとしてどこまで頑張れるか、楽しみではあります。
 

<GroupD>
 ギリシャ、スウェーデン、ロシア、スペイン

 ここは予想が難しいですね。第3戦の結果で突破の2チームがようやく 決まる、という展開の気が。
 1位 スペイン、2位 スウェーデンで!

ギリシャ
前回覇者としての自信、そして前回より個々人としてもチーム力としても上がっているという事実から今回もギリシャ旋風!と行きたいところ
(実際その可能性もあるとは思いますが)、前回よりもマークされること、スペイン戦が3戦目であることから3位とみます。

スウェーデン
意外と言っては失礼かもしれませんが大きな大会で強いんですよね、この国。
不調の極みであるイブラヒモビッチにかかってはいますが、復調してほしいという願望とリュングベリのいぶし銀の活躍で勝ち残り!(と信じたい)

ロシア
予選でイングランドを落とした敵その2(笑)
さすがのヒディングも今回は厳しいのでは。
ただでさえタレント的に劣る上に、エースストライカーのアルシャビが最初の2試合停止というのがまた痛い。チームの成熟という意味でもロシアが輝くのは今大会ではないのでは、と。
ただゼニトがUEFA杯で優勝するなどロシアに吹く上昇気流は不気味でありますが。

スペイン
もうこれまで何度言われてきたかわかりませんが、今回こそはスペインの大会になるのでは。リバプールで一皮むけたしたトーレス、アーセナルを支えたセスク、シャビ、イニエスタ、ダビド・シルバ、ビジャ…
そして4-1-4-1というフォーメーションについにたどり着いたアラゴネス。
やはり期待せずにはいられません。

またまた長くなりました。。
というわけで決勝トーナメントの予想はまた別エントリで。







posted by Guinness好き at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック