2008年06月07日

[EURO]EURO2008版ファンタジーフットボール

今回はEURO2008を一層楽しむご提案。
ファンタジーフットボールのEURO2008版です。

ファンタジーフットボールとは、
・いくつかの制約の下
・好きな選手をポジション(GK、DF、MF、FW)毎に選びオリジナルチームを作成
・実際の試合における活躍に応じて、各選手にポイントを付与
・チーム単位でポイント獲得を争う
というゲームです。

簡単に言うとそれぞれが考えるドリームチームを作って、個々人&所属チームの成績を元にポイントを振り分けてその総得点を競う、というゲームですね。

有名なものではファンタジープレミアリーグ(http://fantasy.premierleague.com/)があります。
他にもセリエAやリーガエスパニョーラなど色々とありまして、身近なところではYahoo!がやっているJリーグ版のファンタジーサッカー(http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/index.html)がありますね。

いくつかある制約ですが、EURO2008版の場合は、
・各国から2人まで(グループリーグの場合、準々決勝だと各国4人、準決勝だと各国8人、決勝各国12人)
・1チーム必ず12人を選択
・12人の内訳はGK1人、DF4人、MF4人、FW3人
・100ユーロの範囲内(決勝トーナメントは110ユーロ)で選手を選ぶ(選手それぞれに値段がついています)
となっています。

後は選んだ選手が
・スタメン出場する
・60分以上出場する
・所属する国が勝つ
・点を取る(GKとDFの場合、MFの場合、FWの場合でそれぞれポイントが異なるようです)
・アシストする
・(MF、DF、GKの場合)完封する(これもそれぞれポイントが異なるようです)
・PKセーブ
・PK失敗
・GKおよびDFが2失点
・イエローカード
・レッドカード
・セーブ3回
・マンオブザマッチ
といった条件を満たすごとにそれぞれポイントがもらえます。(もちろんポイントマイナスもあります)

各チーム一人キャプテンが選べ、キャプテンは試合でもらえるポイントが倍になります。
選手やキャプテンの選考にはそれぞれ締め切り時間があります。
単位(マッチデーと呼ぶようです)はグループリーグ1、2、3、準々決勝、準決勝、決勝となります。
このマッチデーの単位でポイントの計算も行われます。

変更できる選手数にも制限があり、基本的にマッチデーとマッチデーの間のみ可能です。
グループリーグ中は4人まで可能、決勝トーナメント以降は無制限です。
マッチデー中の交代は「ワイルドカード」と呼ばれ、選手1人のみ可能となっています。
(キャプテン変更も同様です)

ポイントは、
・キャプテンを誰にするか
・いかに安く活躍しそうな選手を選ぶか
・ワイルドカードをいかに使うか
ですね。どれも当たり前ですが。

特にグループリーグの段階では激戦となるGroupCから選ぶのか、無風と思われるGroupBを中心に選ぶのか、といった戦略が必要になるかと思います。

グループリーグが終わった時点、決勝トーナメントが終わった時点、大会総合といくつかの時点でポイントが上位だと賞品も出るようです。

EURO2008版の場合、ユーザ登録が必要ではありますが日本語で遊べます。
EURO2008観戦が一層熱を帯びること間違いなしです!
興味があればいかがでしょうか。

ちなみに私のマッチデー1に臨むチームは以下の通りです。

GK:チェフ
DF:ラーム、カルバリョ、エブラ、センデロス
MF:リベリ、ファブレガス、デロッシ、モドリッチ
FW:トーレス、ゴメス、カズムカズム

EURO2008ファンタジーフットボール:http://jp.fantasy.euro2008.uefa.com/


posted by Guinness好き at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック