2009年02月24日

[Travel]すっかり忘れていました…ANAマイレージクラブ検定2次試験

前のエントリでご紹介した「ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008『第1回ANAマイレージクラブ 検定試験』」の2次試験ですが…やってしまいました。
エントリまで書いたにも関わらず、すっかり受験を失念しており、気がつけば実施時間終了に…

かなり残念です。。
受験した方のブログ等を見ると、非常に難しかったようで…
スターアライアンスの提携航空会社を使った際の獲得マイルやら必要マイルを出したり、特例ルールを答える問題などが出題されたようです。

とても5分やそこらで終了する内容ではない、と。
ANAさんが標準回答時間を設定した理由もわかりますね。
どんな問題だったのか見てみたかったです…

最終結果の発表後、試験問題とか公開していただけるとありがたいのですが。
後、受験者の数であったり、問題別正解率なんかもあると面白いかと。
どうせやるのであればそこまでやっていただけると次回以降にもつながるのではないかな、と思います。

何はともあれ受験忘れという大失態、恥ずかしい限りです…
これに限らず、ちゃんとリマインダーの設定しておかないとダメですね。。

■関連リンク■
第1回ANAマイレージクラブ 検定試験2次試験詳細
ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催

■関連過去エントリ■
・[Travel]ANAマイレージクラブ検定1次試験結果発表
・[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験を受験
・[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験の参加登録開始
・[Travel]ANAがマイレージクラブ検定試験を実施



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

[Travel]ANAマイレージクラブ検定1次試験結果発表

前のエントリでご紹介した「ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008『第1回ANAマイレージクラブ 検定試験』」の受験結果が出ました。
結果は95点で合格でした。
1問間違ってしまったようです。

ただ、どう回答したかなどが見られないので、どの問題を間違ったのかは正解と解説を見ながら思い出すしかないようです。

合格者用のページが用意されており、以下のような感じ。
ANAMileTest_1st
さらに合格者証まで用意されています。
あればあったで嬉しいものです。

というわけで、2次試験です。
概要は以下のとおり。
2次試験は2009年2月21日(土)22:00〜2009年2月22日(日)21:59<日本時間>までの24時間限定で1次試験と同じく、ANA SKY WEBの「MYキャンペーン」ページにて開催いたします。
また、1次試験と異なり、各設問に「ヒント」の設定はございませんので回答時間には余裕をもって受験してください。

今度はヒントは無しのようですね。
正解率と回答時間では、正解率が優先されます。例えば、回答時間が15分で96点のAさんと、回答時間が10分で92点のBさんでは、Aさんが上位となります。

これはごもっともなルールですね。
まずは正解率、ということで。
その上で何人位受験しているのかわかりませんが、マイルマイスターに認定されるためには間違いなく満点が必要だと思いますが、ネットで調べて回答すると時間がかかるために上位には入れない、という仕組みですね。
ただ、その回答時間について、一つの制約が入るようで。
○2次試験では試験の公平性を考慮して、【標準回答時間】を設定させていただく場合がございます。【標準回答時間】未満の回答は全て無効となり、マイルマイスターの対象外とさせていただきますのでご了承ください。
なお、【標準回答時間】を設定した場合は2次試験の結果発表時に公表いたします。
<例>
【標準回答時間】が5分の場合、4分59秒までの回答は全て無効(マイルマイスターの対象外)となります。

これ、「標準回答時間を設定する」としていないのがミソですね。
設定する場合もある、と。

さらに例として挙げているだけで5分とも言っていません。
ちなみにANA公式HPの2次試験概要の例では、3分になっていますし。
これは意図的に変えたのでしょうね。
5分と決めたわけではない、という意味で。

当てずっぽうで適当に回答をしていって、勘で全て回答して1分くらいで終わらせた人が上位に入るのを防ぐための措置でしょうが…
問題にもよりますが、25問解くのに早い人は5分かからない気もします。
そうすると正攻法で解いても妥当と思われる時間設定にしているのでしょうが。。
結構さじ加減が難しい設定になる気がします。

試験開催発表時には、標準回答時間についての言及は無かったはずですので、1次試験を実施してみて必要と判断したのでしょうか。
30秒とかで終わった回答者がいて、マズイと思ったとか。

初めての試みですし、「第1回」と銘打っていることもあって第2回以降もANAさんでは考えているようなので、試行錯誤しているということでしょうか。
トラブルにならず、うまくハマればいいのですが。

最も、私にはあまり関係ない話で。
早さは二の次で、100点を目標に頑張ろうと思います。
どんな問題が出るのか楽しみです。

■関連リンク■
第1回ANAマイレージクラブ 検定試験2次試験詳細
ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催

■関連過去エントリ■
・[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験を受験
・[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験の参加登録開始
・[Travel]ANAがマイレージクラブ検定試験を実施



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験を受験

少し前のお話ですがエントリ。
以前のエントリでご紹介した「ANA MILEAGE LUB TRY OUT 2008『第1回ANAマイレージクラブ検定試験』」の1次試験が2009年1月31日(土)22:00〜2009年2月1日21:59までの24時間で行われました。

あやうく忘れかけていましたが(笑)、1日18時頃にギリギリ思い出して受験してみました。
本当に簡単にですが概要を。

・ANAマイレージクラブのサイト内のMyキャンペーンから受験
・問題は4択
・全20問
・まさかのヒントへのリンクあり(笑)
・10分もかからず終了

という感じでした。
だいたい事前の告知通りでした。
それにしてもヒントありは驚きました…
本当にピンポイントで回答直結のページが開きました。

最も1次試験は単純に正答数だけなので、ヒントページがなくてもわからない問題は皆調べることが自明。
であれば、最初から用意しておこう、という配慮だったのかもしれません。

予想通り必要マイルや取得マイルの計算問題が出ましたが、ヒントだけで合格に必要な70%(=14問)はいけそうな感じでした。
1次試験は、あくまで準備体操という感じでしょうか。

受験終了後、合格発表方法等の告知が以下の通りありました。
受験いただき誠に有難うございました。
結果発表日と発表方法について

1次試験の結果発表は2009年2月13日(金)よりANA SKY WEBの「MYキャンペーン」ページでご案内いたします。
結果発表期間:2009年2月13日(金)15:00〜2009年2月20日(金)23:59<日本時間>まで


実際に参加のエントリをされた方、1次試験を受けた方の人数、1次試験の合格率など後日ぜひ公表してほしいところ。
ほとんどの受験者が2次試験に進めたと思いますので、本当にマイスターを狙っている方は次が勝負ですね。
次のマイルマイスター試験(2次試験)は得点+終了までの時間による判定。
さすがにヒントはないと思いますし。

ただ、ヒントを見たり問題を解いていても自然とANAさんのマイル施策が目に入るので、マーケティングというかPRにはうまい方法かもしれません。
マイル関連のブログでは、エントリに書かれているところも多いようなので、イベントを行うことで自然発生的なPRも狙うという感じかと。

マイラーとしてはANAさんがここまでやる、ということはANAというブランドに愛着を持たせるとともに、今後もマイルを事業の重要な施策として認識している、となるのでそういう意味でもウマイなぁと感じます。

■関連リンク■
ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ
検定試験」開催


■関連過去エントリ■
・[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験の参加登録開始

・[Travel]ANAがマイレージクラブ検定試験を実施


posted by Guinness好き at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

[Travel]2009年版地球の歩き方エアラインランキング発表!

[Travel]2009年版地球の歩き方エアラインランキング発表!

毎年恒例、地球の歩き方によるエアラインランキングの2009年版が発表されました。
結果は以下のとおり。
エアライン総合ランキング ベスト20
1位 シンガポール航空(1位)
2位 ヴァージンアトランティック航空(3位)
3位 オーストリア航空(5位)
4位 エミレーツ航空(2位)
5位 キャセイパシフィック航空(8位)
6位 マレーシア航空(16位)
7位 KLMオランダ航空(15位)
8位 ANA(11位)
9位 大韓航空(10位)
10位 ルフトハンザ ドイツ航空(9位)
11位 フィンランド航空(12位)
12位 タイ国際航空(13位)
13位 カタール航空(圏外)
14位 ニュージーランド航空(圏外)
15位 アシアナ航空(5位)
16位 JAL(14位)
17位 エールフランス航空(17位)
18位 カンタス航空(圏外)
19位 JALウェイズ(18位)
20位 チャイナエアライン(圏外)

エコノミークラスランキング ベスト20
1位 シンガポール航空
2位 ヴァージンアトランティック航空
3位 キャセイパシフィック航空
4位 エミレーツ航空
5位 オーストリア航空
6位 フィンランド航空
7位 KLMオランダ航空
8位 大韓航空
9位 ルフトハンザ ドイツ航空
10位 ANA
11位 カタール航空
12位 タイ国際航空
13位 マレーシア航空
14位 ニュージーランド航空
15位 JAL
16位 アシアナ航空
17位 エールフランス航空
18位 チャイナエアライン
19位 カンタス航空
20位 エア・カナダ

エコノミークラス以外ランキング ベスト15
1位 オーストリア航空
2位 エミレーツ航空
3位 シンガポール航空
4位 マレーシア航空
5位 ヴァージンアトランティック航空
6位 大韓航空
7位 ANA
8位 キャセイパシフィック航空
9位 JALウェイズ
10位 アシアナ航空
11位 ユナイテッド航空
12位 JAL
13位 ルフトハンザ ドイツ航空
14位 タイ国際航空
15位 ノースウエスト航空

総合ではやはり、シンガポール航空強しですね。
A380効果であることは間違いないですが、他にもチャンギ空港やサービスの充実もあると思います。
実際機内食も美味しいですしね。
それにしてもA380載ってみたいなぁ…

2位のヴァージンも納得。
アニメを使った安全のしおりとビデオ、選べる機内食、ヒースローのとんでもないラウンジ、と独自のサービスは他の追随を許しません。
ビジネス(アッパークラス)のシートの快適さは、完全に飛行機であることを忘れるほどでした。
エンターテイメントも充実していますし、もう一度使ってみたいエアラインNo.1です。

3位のオーストリア航空は搭乗経験はありませんが、空飛ぶレストランを目指した機内食や10種類から選べるウィーン名物コーヒーの提供などサービス面で良いという噂を聞きます。
ヨーロッパにしては比較的近いというのも理由の一つでしょうか。
使ってみたいエアラインですね。

個人的に乗ってみたいのは、6位のマレーシア航空と14位のニュージーランド航空。
どちらも機材やサービスが良いようなので…

地球の歩き方によるランキングなので、日本での知名度が高い航空会社が多い印象があります。
ただ、ANAやJALの苦戦は若干寂しいものがあります。

上位のエアラインを見るとやはりこれ!という特徴がある印象があります。
ANAやJALも日本語が通じる、という以外の強みをぜひ打ち出してランキング上位に上がってほしいなぁ、などと思ってしまいます。

ちなみに、海外のSKYTRAX社(英国)が行っている「WORLD AIRLINE AWARDS」のエアラインオブザイヤーの場合、以下のようなランキングになります。
エアライン・オブ・ザ・イヤー2008(SKYTRAX社)
1位 シンガポール航空
2位 キャセイパシフィック航空
3位 カンタス航空
4位 タイ国際航空
5位 アシアナ航空
6位 マレーシア航空
7位 カタール航空
8位 ニュージーランド航空
9位 エミレーツ航空
10位 エティハド航空

両方のランキングのトップ10どちらにもランクインしているのは、4社。
そんな中、どちらでもNo.1のシンガポール航空、さすがです。

仕事でもプライベートでも飛行機を利用する時間も旅程であることには変わりません。
せっかく同じ時間を過ごすのであれば少しでも快適に過ごしたいというのが自然だと思いますし、機内で快適だと、ホント幸せになります。
制約が大きいためにどうしても差別化が難しい業界だとは思いますが、そんな中、独自性を出しているエアラインは応援したくなります。
今後の動きにも期待したい業界です。

■関連リンク■
2009年版地球の歩き方エアラインランキングHP
WORLD AIRLINE AWARDS(SKYTRAX社HP内)

■関連過去エントリ■
・[Book]週刊ダイヤモンド 08年6月28日号 エアライン&エアポート 世界大激戦



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

[Travel]ジャンボ・ホステル(Jumbo Hostel)in Sweden


これは斬新。
ジャンボジェット機をそのまま宿泊できるように改装したホテルがスウェーデンのストックホルムにあるそうです。
その名も「ジャンボ・ホステル(Jumbo Hostel)」。

場所はストックホルムのアーランダ国際空港。
使用機は、ボーイング747-200型機。

ホテルのグレードとしては「ホステル」という名称からもわかるとおり、格安ホテル。
2009年1月15日にオープンしたばかりです。

写真を見ていると、部屋はかなり狭そうではありますが、好きな人にはたまらないのですかね…
若干閉そく感を感じる気もしないでもないですが。。

スイートルームはコクピット部分を使用しているそう。
確かに眺めは良さそうですし、計器類も見られるということで人気は出そうですね。
元々機内で1泊となることもあるわけですし。

ちなみに以前のエントリ「[Travel]氷のホテルのチャペルで結婚式」で、素敵な結婚式が挙げられることを書きましたが、このホテルでも挙式できるそうで。。
場所はジャンボらしく(?)翼の上とか…
出会いが機内とかのカップルに需要があったりして(笑)

どの世界、分野にもマニアはいますし、こうした発想は今後も出てきそうですね。
何でも実現までには相当の紆余曲折があったようで(Gizmodo
Japanさんのこちらの記事
に詳しいです)、実際に実現させたことに敬意を表したいです。
難しいことを実現する、柔軟に考える、という点、見習いたいと思います。

■関連リンク■
Jumbo Hostel公式HP
ジャンボ機ホテル「Jumbo Hostel」で地上に居ながらマイルハイクラブ(Gizmodo
Japan内)


■関連過去エントリ■
・[Travel]氷のホテルのチャペルで結婚式


posted by Guinness好き at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

[Travel][Book]Travel Community Magazine 4travelを読んでみた

カドカワムック Travel Community Magazine 4travel vol.1(角川メディアハウス)
カドカワムック Travel Community Magazine 4travel vol.1 (カドカワムック 295)

角川メディアハウス(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング:
2025
おすすめ度の平均: 5.0
5 ココロがあったかくなる本です。
5 部屋に置いておきたい雑誌です

目次
第1特集
革命の国キューバへ。
* 藤代冥砂、キューバ最高峰に登る
* 戸井十月、旅人ゲバラの最初の旅
* サンティアゴ・デ・クーバ散策
* アレイダ・ゲバラインタビュー
* 革命の国キューバ攻略MAP
* 映画「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」

第2特集
スペイン、モロッコ、自転車旅
* スペイン〜モロッコ自転車旅ルート
* 海外自転車旅
* 4travelクチコミ情報 [スペイン・モロッコ]

第3特集
アンコールワットのその先へ
* 伝統の影絵劇
* シェムリアップ4travelクチコミMAP
* アンコール遺跡群

第4特集
次なる世界遺産を探せ
* 程陽永斎橋、フランク・ロイド・ライトの建物、マッジョレー湖とオルタ湖ほか

第5特集
日本最古のブランド、出雲
* 地元の方に聞いた出雲MYベスト
* 出雲ブランドを生むイズモイズム
* 日本全国ブランド化計画進行中

その他
フォートラベル旅行記、旅ニュース他
フォートラベルHP内から引用させていただきました)

ようやく書店で手に取ることができました。
オシャレな旅行雑誌ですが、もう少し内容に厚みが欲しい、といった感じ。

簡単に感想を。

・旅行雑誌なので当然といえば当然ですが写真が多くてキレイです。
 パラパラっとめくるだけでも楽しくなります。

・お洒落な紙面を意識して作られているように感じました。
 表紙もイイ感じです。

・4travelならではのWeb連動については、拍子抜けするほど少ないように感じました。
 口コミも掲載されてはいますが、予想以上に少なかったですし…
 続きはWebで!ってことなのでしょうが。

・4travelからの旅行記については、見やすくいいかも、と思いました。
 4travelはサイトが重めなので旅行記を見るのに若干苦労するので…
 数が少なめなのはいかんともしがいたいですが…
 それでも美しいレイアウトで読む旅行記はまた一層楽しそうに見えるかと。

・各特集の内容は、視点は変わっていて面白いです。
 特に第2特集の自転車旅は読み物として面白いかと。

 ただ、こういう旅があるという紹介にはなりますが、実際に役に立つorやる人がどれくらいいるかというと…
 総じて実用的な内容が少ない印象だったので、そこをどう見るか、で評価がわかれそうな。

実用的な内容はガイドブック&ウェブに任せて、その2つでは届きづらいところに手を伸ばすための雑誌と見受けました。
Webとの連動特集も第5特集「日本最古のブランド、出雲」で実施を始まったようですし、次号以降も注目していきたいと思います。

■関連リンク■
・4travel紹介ページ(フォートラベルHP内)
・カドカワムック Travel Community Magazine 4travel
vol.1(角川メディアハウスHP内)

・フォートラベルなど、旅行クチコミサイトと連動する情報誌を創刊(NBonline内)

■関連過去エントリ■
・[Travel][Book]Travel Community Magazine 4travel
vol.1

・[Travel]新しい旅行情報誌


posted by Guinness好き at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

[Travel][Book]Travel Community Magazine 4travel vol.1

カドカワムック Travel Community Magazine 4travel vol.1(角川メディアハウス)
カドカワムック Travel Community Magazine 4travel vol.1 (カドカワムック 295)

角川メディアハウス(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 1428
おすすめ度の平均: 5.0
5 部屋に置いておきたい雑誌です

目次
第1特集
革命の国キューバへ。
* 藤代冥砂、キューバ最高峰に登る
* 戸井十月、旅人ゲバラの最初の旅
* サンティアゴ・デ・クーバ散策
* アレイダ・ゲバラインタビュー
* 革命の国キューバ攻略MAP
* 映画「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」

第2特集
スペイン、モロッコ、自転車旅
* スペイン〜モロッコ自転車旅ルート
* 海外自転車旅
* 4travelクチコミ情報 [スペイン・モロッコ]

第3特集
アンコールワットのその先へ
* 伝統の影絵劇
* シェムリアップ4travelクチコミMAP
* アンコール遺跡群

第4特集
次なる世界遺産を探せ
* 程陽永斎橋、フランク・ロイド・ライトの建物、マッジョレー湖とオルタ湖ほか

第5特集
日本最古のブランド、出雲
* 地元の方に聞いた出雲MYベスト
* 出雲ブランドを生むイズモイズム
* 日本全国ブランド化計画進行中

その他
フォートラベル旅行記、旅ニュース他
フォートラベルHP内から引用させていただきました)

先日こちらのエントリで紹介した新しい旅行雑誌「Travel Community Magazine 4travel vol.1」が1月9日に予定どおり発売された模様。
私はまだ手に取っていませんが…

発売に併せて、特設ページ4travel内に公開されています。
正直特設ページというか、単なる告知ページ。
もう少し厚みのある関連サイトをイメージしていたので少しガッカリです…
ただ、これから開設かもしれないのでもう少し様子を見てみようと思います。

目次を見ると海外だけでなく、日本国内も特集の対象になっているようですね。
今回は出雲のようです。

写真が多そうで、かつ表紙もおしゃれなので店頭で一度手に取ってみようと思います。
見るだけでも楽しそうな雑誌になってそうですが果たして。

前回のエントリでも書きましたが、それにしても特集内容がややマニアック…
Vol.2以降の特集次第でターゲットがはっきりとしてくると思います。

この路線で行くのか、もう少し受けが良いと思われるマス寄りのところに持って行くのか…
やはりそのあたりにも注目したいと思います。

■関連リンク■
・4travel紹介ページ(フォートラベルHP内)
・カドカワムック Travel Community Magazine 4travel vol.1(角川メディアハウスHP内)
・フォートラベルなど、旅行クチコミサイトと連動する情報誌を創刊(NBonline内)

■関連過去エントリ■
・[Travel]新しい旅行情報誌
・[Travel]Tripadvisor



posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

[Travel]氷のホテルのチャペルで結婚式


これは素敵ですね。
ホテル自体にも泊まってみたいですが、さらに氷のチャペルで結婚式となると唯一無二の体験になりそう。

夏になるとこのホテルは当然溶けて営業終了となってしまうので、自分が結婚式を挙げたホテルが無くなってしまうのは少し切ないですが。
でも、これでオーロラでも見られたら完璧ですね。
これなら寒くてもなんとか我慢できますかね。。


posted by Guinness好き at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

[Travel]ANAマイレージクラブ検定試験の参加登録開始

以前のエントリでご紹介した「ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008『第1回ANAマイレージクラブ 検定試験』」の参加受け付けが開始になりました。

詳細は、以前のエントリか、こちらをご覧ください。
もちろん私もエントリしました。

ご興味がある方はぜひ!
参加登録は1月21日(水)23:59までです。

■関連リンク■
ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催

■関連過去エントリ■
・[Travel]ANAがマイレージクラブ検定試験を実施



posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

[Travel]新しい旅行情報誌

口コミ旅行情報サイトのフォートラベルが、角川メディアハウスと組んで新しい旅行情報誌「Travel Community Magazine 4travel」を発売するとのこと。

ベースは、フォートラベルに投稿された口コミ情報と編集記事の組み合わせのようです。
実際に旅行に行った人の情報というのは役に立つだけにそれをまとめた本というのは一定の需要があるとは思います。

ただ、難しいかもと思う点が2つ。
・速報性や抽出性
・ターゲットをどこに絞るのか

旅行に行く前にじっくり調べるタイプの人はともかく、思い立って旅行に行くケースやピンポイントで行き先の情報を知るには、速報性や抽出性という点で雑誌という媒体はどうしてもWebに劣ります。
その部分をどのように埋めるのか、というのが1点。

もう1点は、ターゲットをどのような旅行層に絞るのか、ということ。
旅慣れている人なのか、旅のビギナーの方なのか、個人旅行派なのか、パックツアー派なのか。

現段階で公表されている創刊号のコンテンツは以下のようです。
■コンテンツ
第1特集 : 楽園のキューバ、革命のキューバ
・藤代冥砂、キューバ最高峰に登る
・キューバ、革命を巡る旅
・キューバ、最新音楽
・旅人チェ・ゲバラ
第2特集 : スペイン、コスタ・デル・ソルからアフリカ大陸へ自転車の旅
・モロッコ・タンジールを目指すスペインサイクリングの記録
・欧州自転車旅のすすめ
第3特集 : カンボジアの名もなき村へ
その他 : フォートラベルユーザーブログ、旅ニュース 他
フォートラベルプレスリリースから引用させていただきました)

これを見ると、意外とディープな内容なのかな、と。
キューバが第1特集、第2特集もスペインとはいえ、コスタ・デル・ソルからの自転車。

これらの特集に加えて、Webにもある口コミ情報や編集記事が載るという形でしょうか。
特集内でもポイントとして、口コミの情報が載るのでしょうが、新しいスタイルの旅行を提案する、といったのがメインのようですね。

このスタイルによって、速報性や抽出性の難点をカバーし、旅慣れた個人旅行派がメインターゲットとするのでは、と思われます。

となるとそもそもこのターゲットはフォートラベルを使っていないのか、という問題に当るとも思いますがその辺はリサーチ済みなんでしょうかね。。
発売は、2009年1月9日、オールカラー144ページとのこと。
後は、どのような間隔での発行なのか、でしょうか。

発売に合わせて特集サイトも開設されるようです。
旅行好きとしては見逃せません。
まずは、どのような雑誌に仕上がるのか、楽しみにしたいと思います。

■関連リンク■
・フォートラベルなど、旅行クチコミサイトと連動する情報誌を創刊(NBonline内)
・角川メディアハウスと共同でトラベルコミュニティマガジン「4travel」を発売 (フォートラベルプレスリリース)
・フォートラベル
・角川メディアハウス

■関連過去エントリ■
・[Travel]Tripadvisor



posted by Guinness好き at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

[Travel]間寛平さんがアースマラソン


間寛平さんがアースマラソンに挑戦するとのこと。
アースマラソンって何?と思っていたら、その名の通り地球1周!

しかも2年半かけて、途中帰国せずに3万6000キロ(地上2万キロ、海上1万6000キロ)の大移動!
これまた凄いプロジェクトですね。。

12月17日(水)に大阪のなんばグランド花月をスタート。

予定通りだとしてもゴールは2011年春ということですね。

途中帰国もしない、ということは基本的にはお茶の間のテレビ出演や、新喜劇等への出演は無い、ということですね。
このあたり非常に潔くて素晴らしいと思います。
もちろんたまに映像などで走っている様子や中継などが流れることはあるのでしょうか。

調べてみると、吉本興行、日テレ、電通3社でこのアースマラソンプロジェクトを運営とのことなので、色々とメディア展開もされていくのでしょう。
既に「KANPEI EARTH Marathon」という公式サイトが立ち上がっており、間寛平さんの走っている様子がブログに刻々とアップされています。
また、動画も頻繁にアップされるようですので、逐次様子は見てとれるようです。

今後のルートとしては、2009年1月1日に千葉の鴨川からヨットでアメリカを目指して出発。
アメリカから大西洋経由でヨーロッパ、中央アジア、中国というルートのようです。

2009年10月2日に2016年のオリンピック開催地が決まるIOC総会が開かれるので、それまでにデンマークのコペンハーゲンを目指すことも決まっているようです。
東京オリンピック招致にもこのプロジェクトが一役買うわけですね。

これは面白い企画だと思いますし、羨ましくもありますね。
ちょっとやってみたいかも。

常にブログ&動画による報告がされるということはスタッフが常にいるということなので、壮大なプロジェクトですね。
通信環境が悪い国もあるとは思いますがそのあたり、どのように環境を確保するんでしょうか。
前乗りのスタッフさんがいて、ルートや宿の確保と同時にそのあたりも抑えているのかもしれませんが。

そんな見方も考えつつ、まずは安全に間寛平さんがゴールすることを祈りつつ、注目していきたいと思います!


■関連リンク■
KANPEI EARTH Marathon公式HP
KANPEI EARTH Marathon YouTube
アースマラソン(Wikipedia)
posted by Guinness好き at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

[Travel]ANAがマイレージクラブ検定試験を実施

マイルでいつもお世話になっているANAが、「ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008『第1回ANAマイレージクラブ 検定試験』開催」なるものを実施するそうです。
どんなものかと、調べてみると本当に純粋な検定試験。
名誉を争うといった感じですね。

検定試験の流れは以下のようです。(時間は全て日本時間)

@ANA SKY WEBのMYキャンペーンから参加登録
 申込期間:2009年1月8日(木)0:00〜1月21日(水)23:59

A1次試験
 実施期間:2009年1月31日(土)22:00〜2009年2月1日(日)21:59まで
 方式:1次試験は合計20問(5点×20問=合計100点)の4択式試験
 合否:正解率70%以上を獲得された方全員を合格と認定
 合格者には…
 ・「第1回ANAマイレージクラブ マイルマイスター試験(2次試験)」の受験資格を付与
 ・合格者の中から抽選で2,000名に「オリジナルネームタグ」をプレゼント

B2次試験(マイルマイスターに認定)
 実施期間:2009年2月21日(土)22:00〜2009年2月22日(日)21:59まで
 方式:合計25問(4点×25問=合計100点)の4択式試験
 合否:受験開始から受験終了までの回答時間を計測し、正解率と回答時間で算出した上位100名の方を「ANAマイレージクラブ マイルマイスター」に認定
 「ANAマイレージクラブ マイルマイスター」認定者は…
 ・表彰式招待
 ・オリジナルギフトBOX
   認定証
   デジタルフォトスタンド
   ANAマイレージクラブご利用ガイド(特別装丁版)

C表彰式
 実施日:2009年3月21日(土)
 実施場所:ANA機体メンテナンスセンター

 その後、機体工場見学会あり。


面白そうではあります。
参加もしてみようと思いますが、ANAとしての意図はというと…

既にANAマイルの認知度については今更でしょうし、そうなるとANAファンの養成やマイルに関わるファンサービスといった側面でしょうか。
正直、いまいち意図は見えませんが、とりあえず面白そうなのでのっかってみよう!という感じです。

それにしてもどんな問題がでるのやら…
ニューヨークまでの、ピーク期の無料往復航空券に必要なマイル数は、とかでしょうか。

2次試験の上位者選出のプロセスは面白いですね。
WEB上の試験だけに調べ放題だし…と思っていたら、回答時間を計測ときましたか!

なるほど、それなら調べて回答の人よりもそらで全て答えられる人の方が早くなりそうですね。

1次試験は時間の縛りがないので、傾向を見極め、2次試験実施前にタブブラウザで関連しそうな情報を表示しておく&カンぺをあらかじめ作っておく、とかはありそうですが(汗)

もう1点気になるのは、1次試験も2次試験も実施時間が24時間しかないこと。
どれだけ参加者が集まるかにもよりますが、アクセスが集中しやすいことは否めません。

24時間しかないのに、サーバがアクセス集中で遅くなったり、つながりづらくなったりがないか、気になるところです。
そのあたりも含めて注目かと!

■関連リンク■
ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催
posted by Guinness好き at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

[Travel]欧州のクリスマスイルミネーション


これは美しい…
一度はクリスマスシーズンのヨーロッパに行ってイルミネーションやクリスマス市を堪能したいですね。。

ドイツやウィーンなどが有名ですよね。

上記の写真はベルギーやドイツを始めとするクリスマスイルミネーション。
これだとすぐに陽が落ちるヨーロッパの冬でも、また陽が落ちた後のお楽しみということで楽しめそう。

いつかは!

■関連リンク■
ドイツ観光局公式ホームページ
オーストリア政府観光局公式ホームページ
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

[Travel]ベネチアが水没


これはすさまじい…
年に何回か、ベネチアが水浸しになるのは知っていましたが、ひどいとここまでになるのですね。。

過去20年で最悪の規模、1.5mを超える水位になったとのこと。
写真で見るとその凄さがわかります。

この高潮、「アクア・アルタ」と呼ばれるそうです。
(漫画ワンピースで出てきた「アクア・ラグナ」もこの「アクア・アルタ」をモチーフにしているんでしょう)

こういったニュースを見ると、ベネチアが年々わずかずつではありますが、水没してきているということが、現実的なものとして感じてしまいますね…
posted by Guinness好き at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

[マイル]ボイスポートが改悪…

ANAマイラー御用達のアンケートサイト、ボイスポートからショッキングなニュースが…

2009年3月にJCB Oki Dokiポイントへの交換が終了するそうです。。
貴重なルート&サイトでしたが…

さすがに引当金とかの関係でマイル関連の改悪が続いており、これからも続出しそうですね。。
仕方がないとはいえ、寂しい限りです…

ボイスポート:http://member.voiceport.jp/member/pc/index.do
posted by Guinness好き at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

[Travel]経県(経県値&経県マップ)をやってみた

[Travel]経県(経県値&経県マップ)をやってみた

密かに愛読しているタケルンバ卿日記で卿が経県(経県値&経県マップ)を試されていたので、早速私もやってみました。

結果はこのようになりました。
『Guinness好き』さんの経県値&経県マップ【Guinness好きの全国行脚(道半ば)】


やはり西が弱いですね。。
というか左下はかなり白い。

まずは全県に色をつけるところからですね。
四国は玄関口の香川で止まってしまうんですよねぇ…
讃岐うどんの魔力に屈しないよう、直入りするしかないですね。

まだまだ行っていないところが多いことを痛感しました。
いろいろと思い出しながらやってみると面白いかと思います。

経県(経県値&経県マップ):http://keiken.uub.jp/index.html
タグ:経県マップ
posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

[Travel]JALのブログパーツキャンペーン

JALが「ありがとう5周年記念キャンペーン!チャンス3:ブログパーツを貼るとマイルがもらえる!」と称して(長いですね…)ブログパーツの配布&キャンペーンを実施しているので参加してみました。

このブログパーツを貼るともれなく10マイルもらえる!とのこと。

キャンペーンにはエントリーが必要でエントリー期間があるようです。
キャンペーンエントリー期間
2008年10月20日(月)〜2008年11月30日(日)
※ブログへのブログパーツ貼り付け締め切り日時:2008年12月7日(日)0:00まで
(JAL HPのキャンペーンサイトより引用)


ブログパーツの配布なので、まずはブログを持っていることが参加の前提となります。
お持ちでなければJALのキャンペーンサイトからココログの開設ができるようになっています。

エントリーにはブログのURLが必要で、キャンペーンページでURLを入力すると一旦は作業終了。
(一応、審査があるようです。公序良俗に反していなければ問題ないとは思いますが…)

審査に通ると後日JALのキャンペーン事務局よりメールが来ますのでその中にブログパーツのコードが記載されている、という仕組み。

さらにブログパーツを貼っているブログ上で、このキャンペーンに関する記事を書くと、抽選で10名に1000マイルがあたる、というのも同時に実施されています。

ブログパーツ自体はマイレージクイズが表示され、時間によって背景の色が変わる、というもの。
なお、表示にはFlashPlayer 9.0.115 以上が必要とのこと。

このブログパーツは2008年12月21日で配信終了とのことですので、期間が短めです。
今回は短いようですが、定期的に新しいブログパーツを出してもらえると旅に関連する(このブログはいまいち乗

り切れていませんが)ブロガーにとっては嬉しいですね。
今後も続けてほしい企画です。

というわけでJALマイルに興味がある方にオススメです!!

ありがとう5周年記念キャンペーン!チャンス3:ブログパーツを貼るとマイルがもらえる!:http://www.jal.co.jp/jmb/e-mile/cp5th/chance3.html
JALマイレージバンク - 暮らしでマイルをためる eマイルパートナー:http://www.jal.co.jp/jmb/earn/life/
posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

[TRAVEL]エクスペディア・ベストツーリスト2008

少し前のニュースですが、宿泊予約サイト エクスペディアが主催しているベストツーリストの調査結果が出ました。
これはエクスペディアがランダムに選択した世界中のホテルにアンケートを行い、宿泊客として最も好ましい国をベストツーリストとして選出する、というもの。

めでたくこのベストツーリスト2008のトップに日本人が選ばれました。
これは2年連続となります。

エクスペディアのサイトから日本人観光客に関するまとめを引用します。

まとめ(日本人観光客に関して)
・2008年のベスト・ツーリスト(世界最良の観光客) は、2年連続で 日本人が選ばれました。2位は同ポイントでドイツ人とイギリス人。一方、ワーストツーリストは中国人。以下、インド人、フランス人という結果となりました。
・日本人は、旅行中の行儀(現地のエチケットや常識に従って行動する)、礼儀正しい、ホテルで騒がない、苦情が少ない、部屋を清潔に使うなどの項目で高い評価を受けたことが、ベスト・ツーリストの評価につながりました
・意外なところでは、旅先でのファッションに関して、日本人はイタリア人、イギリス人、フランス人、ドイツ人に次いで5位に選ばれています。上位がヨーロピアンで占められている中で、アジアでは最も健闘しています。
・日本人の評価が低かったのは、積極的に現地の言葉を話す、や積極的に現地の料理を食べようとするなどの項目です。

見てみると概して礼儀正しく、騒ぎなどを起こさない、といった点が評価されたようです。
旅先のファッションで5位に入ったことが意外と評されているところはやや心外ですが、それ以外は日本人の視点で見るとごくごく当たり前のことのように思いますが(笑)

評価が低かった「積極的に現地の言葉を話す」と「積極的に現地の料理を食べる」については、個人的にはもったいないなぁ、と感じてしまいますが。
特に後者は…それが旅の醍醐味の一つだと個人的には思っています。
といってもどこの国に行ってもその国のオリジナルメニューを求めてマックは食べていますが(汗)

2008年のTop5は以下のとおり。
1位 日本人(「行儀がいい」「礼儀正しい」「ホテルで静か」「クレームが少ない」全て1位)
2位 イギリス人(「気前よくお金を使う」1位、「旅行者のファッション」2位、「地元の料理に興味を持つ」2位)
3位 ドイツ人(「部屋をきれいに使う」1位)
4位 カナダ人(「気前よくチップをくれる」2位)
5位 スイス人

なお、2007年の結果がこちら。
1位 日本人(「行儀がいい」「礼儀正しい」「物静かで慎ましい」「クレーム・不平が少ない」全て1位)
2位 アメリカ人(「礼儀正しい」2位、「クレーム・不平が多い」1位、「騒々しい」2位。センスはないが、チップの額は圧倒的)
3位 スイス人(「物静かで慎ましい」3位、「部屋をきれいに使う」3位)
4位 スウェーデン人
5位 ドイツ人(「部屋をきれいに使う」1位、「行儀がよい」2位、「クレーム、不平が多い」2位)

こうしてみると評価されているポイントはほとんど同じですね。
いろいろ考え方はあると思いますが、こうして評価されることで各地での扱いが悪くなることはないと思いますので、そういう意味ではよいことだと思います。

もちろん評価しているのは全てエクスペディアに掲載されているホテルなので多少偏り(特に集客の考え方でしょうか)があるとは思いますのでその辺は割り引いて考えたほうがいいかもしれませんが。

なので6月21日付の朝日新聞の天声人語にあったようなのは個人的には余計な話かな、と。
国民性というのもありますし。
もちろん主張すべきことやリクエストは堂々と言っていいとは思いますが。

asahi.comより引用(6月21日付の天声人語)
▼ただ、ホテルの評判がいいとは、要するに扱いやすいということらしい。きちんと現れ、きれいに泊まり、黙して去る。お金だけ落としていく風。加えて、日本語メニューの誤りを正してくれる優しさを持ち合わす
▼旅に出てまで気を使い、評判だけいいのは悔しくもある。それで割引があるわけじゃなし、苦情や不満はしまい込まず、サービスのプロ集団にひと仕事させるくらいがいい。わがままな上客というのもある。

ちなみに調査手法は以下のとおり(エクスペディアのサイトより引用)。
目的
この調査は、世界各国のホテル従業員が、ホテルを訪れる旅行者と接した経験をもとに、各国の旅行者に対してどのような印象を抱いているかを収集することを目的としてます。

調査手法
Eメールによるオンライン調査

調査方法
あわせて10のカテゴリーに関して、それぞれ「最良」と「最低」の国を選ぶ方式で実施。調査は、4つの言語で実施され、回答者に対しては、完全な匿名性を保証しています。

調査対象
各国のExpediaが持つ顧客ホテルリストの中から、およそ3万2000軒のホテルをランダムに選択。ホテルマネージャーに対して、世界的な調査会社「TNS Infratest社」が質問をeメールで送付しました。調査は、ヨーロッパおよび、アメリカ大陸(南北)、一部アフリカを対象としています。

回答率
上記のうち、あわせて4,004軒のホテルから回答。回答率は約12.5%。
各国のデータは、基本的に最低50以上の回答があった国のみ採用しています(ただし、ベルギー[46]、クロアチア[47]ロシア[43]を含む)。

何はともあれ良いニュースだった、ということで。
こうなったら来年以降も狙いたいところですね。
もっと詳細を知りたい方は以下をどうぞ。
パワーポイントの調査結果もダウンロード可能となっています(日本語のファイルになっていました)。

エクスペディア・ベストツーリスト2008:http: //www.expedia.co.jp/htmlpromos.do?PromoID=480
エクスペディア(日本語):http://www.expedia.co.jp
posted by Guinness好き at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

Tripadvisor!!

このブログのメインテーマの一つである旅について。
かなり利用者が多い(世界最大級らしいです)有名なサイトのようですので既にご存じの方も多かもしれませんが…

tripadvisor(トリップアドバイザー)
http://www.tripadvisor.com/


いわゆる旅行の口コミサイトです。
日本で言うと4travelをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

実際見ていただくとわかるかと思いますが、全て英語です…
これが最大の欠点かもしれません。。

ただ見てみると以外と平易な英語で書かれている印象があります。
ホテルに関しては、下記の項目の5段階評価をユーザがそれぞれ行い、そのトータルによる
ホテルの総合評価ランキング(基本的に都市(街)毎のようです)が見られます。

ホテルの評価項目
 価格(Value)
 部屋(Rooms)
 場所(Location)
 清潔さ(Cleanliness)
 フロントの対応(Check in / front desk)
 サービス(Service)
 ビジネスサービス(Business service)

さらにユーザが率直なコメントを寄せています。
これが見るとなかなか楽しいし、タメになります。

写真は、ユーザからの投稿+各ホテルのオフィシャルなものがあります。
が、非常に多いというわけではなく、ホテル毎にかなりバラつきがあります。
ユーザの写真なので参考にはなりますが。

各ホテルは、大まかな予算が表示されているとともに、
そのホテルを扱っている複数の旅行会社サイトから一括で
指定した日程の空き状況と料金を表示してくれます。
(旅行会社毎に1つの画面が表示されますので、多少うっとうしいかもしれませんが便利です)

ホテルの他にも
 現地でのオススメ(Things to Do)
 レストラン(Restaurants)
 旅行前のアドバイス(Before You Go)
全レビュー(Traveler Reviews)
 掲示板(Forum)
などが各都市(街)毎に用意されています。
また、都市(街)の無料ガイド(Free Guide)も用意されています。

他にもユーザ登録をすることでSNS的な機能や自分が過去に行った都市マップの作成などが行えます。

前述の4travelとの比較(※あくまで私の私見ですが)としては以下の通りかと思います。

海外旅行口コミサイトの比較 by ならべて
ホテルの見積りの値段 動作の軽快さ 情報量 日本人視点(嗜好反映) 日本語対応
4Travel × × ×
Tripadvisor × ×


tripadvisorは圧倒的に欧米の方の利用者多いように思います。
レビューもそれを反映し、欧米の旅行者としての視点が多いためそのあたりを念頭に置いて
見ると非常に参考になるかと思います。
情報量についても同様に欧米の都市やホテルは充実している傾向があります。

海外旅行を検討されている方はぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。
posted by Guinness好き at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする