2008年06月10日

[EURO]2日目の結果

本日はグループB。
オーストリア - クロアチアは0-1でクロアチア。
ドイツ - ポーランドは2-0、ポドルスキ大活躍。

オーストリアはとにかく攻めまくっていたのですが、クロアチアがうまくいなしましたね。
開始3分のモドリッチのPKで決着、というのは多少寂しさもありましたが。。
もうちょっと0-0が続くと、クロアチアの攻めのパターンも変わったのかな、と。

噂のモドリッチはプレイが柔らかい印象。
来シーズンはトッテナムなので楽しみかも。
プレミアでやるにしては線の細さが若干気にはなりますが、それでここまで登ってきた選手なので大丈夫ですかね。

ドイツ - ポーランドはドイツ盤石、ということで。。
2得点のポドルスキだけでなく、クローゼもアシストするなど出だしとしては上々ではないかと。

事前の予想通りこのグループの波乱はナシが濃厚ですね…


posted by Guinness好き at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

[EURO]開幕

EURO開幕しましたね。
開幕カードは、チェコが開催国スイスを1-0で下して勝利。
続くAグループもう1試合は、ポルトガルがトルコに2-0。

スイスはかなり押していたしチャンスもあったんですがねぇ。。
決定的な場面を決めきれなかったのが敗因ですね。
フライの負傷交代もものともせず、いい感じだったのですが。

ポルトガルはトルコといい試合してましたが自力の差ですかね…
点を決めたのはレアル所属のぺぺとメイレレス。
どちらも代表初ゴール、その前のお膳立ても含めて素晴らしいゴールでした。

Aグループは順当な結果で始まりましたね。
スイスにもう少し期待したいです。
posted by Guinness好き at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

[EURO]EURO2008版ファンタジーフットボール

今回はEURO2008を一層楽しむご提案。
ファンタジーフットボールのEURO2008版です。

ファンタジーフットボールとは、
・いくつかの制約の下
・好きな選手をポジション(GK、DF、MF、FW)毎に選びオリジナルチームを作成
・実際の試合における活躍に応じて、各選手にポイントを付与
・チーム単位でポイント獲得を争う
というゲームです。

簡単に言うとそれぞれが考えるドリームチームを作って、個々人&所属チームの成績を元にポイントを振り分けてその総得点を競う、というゲームですね。

有名なものではファンタジープレミアリーグ(http://fantasy.premierleague.com/)があります。
他にもセリエAやリーガエスパニョーラなど色々とありまして、身近なところではYahoo!がやっているJリーグ版のファンタジーサッカー(http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/index.html)がありますね。

いくつかある制約ですが、EURO2008版の場合は、
・各国から2人まで(グループリーグの場合、準々決勝だと各国4人、準決勝だと各国8人、決勝各国12人)
・1チーム必ず12人を選択
・12人の内訳はGK1人、DF4人、MF4人、FW3人
・100ユーロの範囲内(決勝トーナメントは110ユーロ)で選手を選ぶ(選手それぞれに値段がついています)
となっています。

後は選んだ選手が
・スタメン出場する
・60分以上出場する
・所属する国が勝つ
・点を取る(GKとDFの場合、MFの場合、FWの場合でそれぞれポイントが異なるようです)
・アシストする
・(MF、DF、GKの場合)完封する(これもそれぞれポイントが異なるようです)
・PKセーブ
・PK失敗
・GKおよびDFが2失点
・イエローカード
・レッドカード
・セーブ3回
・マンオブザマッチ
といった条件を満たすごとにそれぞれポイントがもらえます。(もちろんポイントマイナスもあります)

各チーム一人キャプテンが選べ、キャプテンは試合でもらえるポイントが倍になります。
選手やキャプテンの選考にはそれぞれ締め切り時間があります。
単位(マッチデーと呼ぶようです)はグループリーグ1、2、3、準々決勝、準決勝、決勝となります。
このマッチデーの単位でポイントの計算も行われます。

変更できる選手数にも制限があり、基本的にマッチデーとマッチデーの間のみ可能です。
グループリーグ中は4人まで可能、決勝トーナメント以降は無制限です。
マッチデー中の交代は「ワイルドカード」と呼ばれ、選手1人のみ可能となっています。
(キャプテン変更も同様です)

ポイントは、
・キャプテンを誰にするか
・いかに安く活躍しそうな選手を選ぶか
・ワイルドカードをいかに使うか
ですね。どれも当たり前ですが。

特にグループリーグの段階では激戦となるGroupCから選ぶのか、無風と思われるGroupBを中心に選ぶのか、といった戦略が必要になるかと思います。

グループリーグが終わった時点、決勝トーナメントが終わった時点、大会総合といくつかの時点でポイントが上位だと賞品も出るようです。

EURO2008版の場合、ユーザ登録が必要ではありますが日本語で遊べます。
EURO2008観戦が一層熱を帯びること間違いなしです!
興味があればいかがでしょうか。

ちなみに私のマッチデー1に臨むチームは以下の通りです。

GK:チェフ
DF:ラーム、カルバリョ、エブラ、センデロス
MF:リベリ、ファブレガス、デロッシ、モドリッチ
FW:トーレス、ゴメス、カズムカズム

EURO2008ファンタジーフットボール:http://jp.fantasy.euro2008.uefa.com/
posted by Guinness好き at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[移籍]C.ロナウド移籍希望明言!

C.ロナウドがレアルへの移籍希望を明言したとのこと。
C.ロナウドよ、おまえもか。。。
いつかベッカムが来た道を歩むのでしょうか…

ポルトガル出身ということもあってスペインの水が合う、故郷が近いということもあるのでしょうが…
となると後はマンUの考え次第ですね。
絶頂期のC.ロナウドをマンUが手放すとは思えませんが。。

う〜ん、C.ロナウドもうしばらくプレミアで見たいなぁ。。。



posted by Guinness好き at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

[EURO]EURO2008 組み合わせ&予想 その2

前のエントリに続いてEURO2008のGroupCとGroupD 組み合わせと予想を。

<GroupC>
 イタリア、オランダ、フランス、ルーマニア

 もうとんでもないですね、ここは。
 ズバリ、1位 フランス、2位 イタリア。
 予選でもドイツW杯のファイナリスト2チームが同組になって話題を
 さらいましたが、
 まさかもう一度Groupリーグで同じになるとは…
 GroupBのドイツの件と言い黒いうわさが流れるのも
 仕方ないですね(笑)
 GroupBとGroupCのアンバランスさを考えても、組み合わせ抽選方法を 考えてほしいものですが。

イタリア
トッティが代表引退してしまったため姿を見られないのは残念ですが、デロッシがいて、トニがいて、ブッフォンがいて…とドイツW杯でカップを掲げたメンバーがバッチリ残っているので突破は間違いなし!と思います。
不安要素は2つ、大会直前のキャプテンカンナバーロの怪我による離脱と、
そもそもスロースターターであること(笑)
トーナメントチームということでエンジンのかかりも悪く予選は2位通過かなと。

オランダ
他のグループであれば太鼓判なのですが…
余りチーム全体がうまくいっていない印象があるのと、ファンニステルローイが
どこまで手術から回復してトップフォームに戻っているのか。。
もちろん手術後のクラシコではいい活躍でしたが。
中盤はスナイデルとファンデルファールトにかかっている印象なのですが大国2つが相手なので少々厳しい印象。
チームがお決まりのお家騒動から内部崩壊しなければいいのですが…
       
フランス
万全ではないでしょうか。ジダン引退でどうかな、と思ったらリベリーをはじめ、マルダやらベンゼマやらナスリやら次から次へと若手が。
ネックとされているアンリやテュラム、ヴィエラ、マケレレ等の年齢はありますがシーズン中の休養(笑)と経験などで十分補えるかと。

ルーマニア
ハッジという偉大すぎる呪縛から逃れ、さあ!というEUROだったはずがこの組み合わせ。
試合はやってみないとわからない、とは言えこのGroupではどのチームもハナから油断はせず全開のはず。大国が油断せず全力で、となると非常に厳しいと思います。
試合を重ねればもっと強くなりそうではあるのですが。ある意味GroupCのカギを握るチームとしてどこまで頑張れるか、楽しみではあります。
 

<GroupD>
 ギリシャ、スウェーデン、ロシア、スペイン

 ここは予想が難しいですね。第3戦の結果で突破の2チームがようやく 決まる、という展開の気が。
 1位 スペイン、2位 スウェーデンで!

ギリシャ
前回覇者としての自信、そして前回より個々人としてもチーム力としても上がっているという事実から今回もギリシャ旋風!と行きたいところ
(実際その可能性もあるとは思いますが)、前回よりもマークされること、スペイン戦が3戦目であることから3位とみます。

スウェーデン
意外と言っては失礼かもしれませんが大きな大会で強いんですよね、この国。
不調の極みであるイブラヒモビッチにかかってはいますが、復調してほしいという願望とリュングベリのいぶし銀の活躍で勝ち残り!(と信じたい)

ロシア
予選でイングランドを落とした敵その2(笑)
さすがのヒディングも今回は厳しいのでは。
ただでさえタレント的に劣る上に、エースストライカーのアルシャビが最初の2試合停止というのがまた痛い。チームの成熟という意味でもロシアが輝くのは今大会ではないのでは、と。
ただゼニトがUEFA杯で優勝するなどロシアに吹く上昇気流は不気味でありますが。

スペイン
もうこれまで何度言われてきたかわかりませんが、今回こそはスペインの大会になるのでは。リバプールで一皮むけたしたトーレス、アーセナルを支えたセスク、シャビ、イニエスタ、ダビド・シルバ、ビジャ…
そして4-1-4-1というフォーメーションについにたどり着いたアラゴネス。
やはり期待せずにはいられません。

またまた長くなりました。。
というわけで決勝トーナメントの予想はまた別エントリで。





posted by Guinness好き at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[EURO]EURO2008 組み合わせ&予想 その1

来る2008年6月7日よりまた祭りが始まります。
はい、欧州選手権、EURO2008です。
今回はオーストリア・スイスの共催となっています。

非常にハイレベルで見所の多い大会となること受け合いの今大会。(EUROはいつでもそうですが)
ワールドカップよりレベルが高い!という方もいらっしゃいます。
どの選手も比較的慣れた環境でやれること、相手をよくわかっているため様子見が少ないこと、などが要因だと思われます。

今回の放送はほぼWOWOWさんが独占ではありますが、民法でも一部試合を放送するようなのでぜひ!

ただ返す返す残念なのがイングランドが予選で敗退してしまったこと…
あの大挙として押し寄せる酔っ払いサポーターによる他国を圧倒する歌声は今回はお預けです。。

というわけで、EURO2008の組み分けと独断と偏見と願望に満ちた予想を。
ちなみに各グループ総当たりで、上位2カ国が決勝トーナメントに進出、そこからは一発勝負のトーナメント戦となります。

<GroupA>
 スイス、チェコ、トルコ、ポルトガル

 厳しいグループですね。どこも強い…
 結論としては、1位 ポルトガル、2位 スイスで!
 チェコとスイスの差ですがポルトガルとどこで当たるか、かと。
 ポルトガルと2戦目で当たってしまうチェコ、最終戦で当たるスイス。
 これが吉と出るか凶と出るか…

スイス
開催国ということで盛り上がりと地の利を考慮して…
願望もかなり入っていますが。
ドイツW杯の時も堅い守備と若さが好印象でした。
あれから2年で各選手が成長していることに期待です。
サッカー熱がそれほどでもないスイス国民を熱狂させられるか?!
優勝とは言いませんが、願わくばフランスW杯の時のフランス
国民のようになってくれれば大会としても大成功ですね。

チェコ
ここで落とすのは非常に心苦しいのですが、コラーは不調、
ロシツキも不在が濃厚と。。
チェフやガラセクがいるので安定はしているとは思いますが決め手が…

トルコ
監督であるテリムのイケイケサッカーがどこまで通用するか。
これがトルコ開催であれば文句なしなんですが。。
このGroupではやはり厳しい。

ポルトガル
ここではやはり鉄板かと。
唯一の不安はFWの決定力ですが。
現時点で世界最高の選手だと思われるC.ロナウドが何とかするでしょう!
デコもクアレスマもいますし。


<GroupB>
 オーストリア、クロアチア、ドイツ、ポーランド

 やらせ、八百長の組み合わせと言われているGroupB(笑)
 確かにドイツいくらなんでも感はあります。
 ここは、1位 ドイツ、2位 クロアチアで。
 カギを握るのは2戦目のクロアチア-ドイツですね。

オーストリア
開催国ではありますがいかんせんタレントが…正直4番手かと。。

クロアチア
予選でイングランドを落とした敵その1(笑)ですが、
タレントも揃っていますし組織立っているので強いと思います。
コバチ兄弟、スルナ、モドリッチ、クラニチェル…いい感じです。
ただエドゥアルド・ダ・シルヴァが参加できないことが本当に残念。
これでFWの核であるシルヴァがいれば1位の芽もあっただけに。。

ドイツ
ドイツ語圏での大会、ドイツW杯で得た自信、各ポジションに万遍無く散らばるタレント、
そして最高のくじ運(笑)
少なくともGroupリーグでは間違いは無いでしょう。

ポーランド
あと一歩!でGroupリーグ突破を逃すのではないかと。。
組織で挑むもクロアチアの壁が超えられない気が…


うーん、、長くなったのでGroupC、GroupDは次のエントリで!



posted by Guinness好き at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする