2009年05月07日

[ChampionsLeague](SemiFinal 2nd.leg)Chelsea - FC Barcelona

Chelsea 1 - 1 FC
Barcelona(6.5.2009 Wed)

9分 エッシェン【チェルシー】
90分+3 イニエスタ【バルセロナ】


[Aggregate Score]Chelsea 1 - 1 FC Barcelona(Away Goal Rule)



まさに天国と地獄。
バルセロナがロスタイム93分にイニエスタのゴールで劇的なドロー。

これがアウェイゴールとなって、アウェイゴールルールでバルセロナがファイナル進出です。
チェルシーは、開始早々に9分にエッシェンのミドルで先制。

この時点でアグリゲートスコア1-1と全くのドロー。
チェルシーは守りを固め、アウェイゴールを防ぎつつカウンターで点を狙う作戦に。

そして、52分にはドログバが絶好機を得るものの、バルサのGKバルデスに防がれ逸機。
バルサにとってはさらに悪い展開で、アビダルが66分にレッドカードで退場。
10人での戦いに。

この時点でヒディングは延長まで持ち込んでもいいと思ったのだと思います。
体力的にも延長後半までの残り54分で1点は奪えるだろう、と。

ただ、バルサはそれでも攻め続けました。
結果的に、シュート数でもボールポゼッションでもチェルシーを上回った数字が示すように、ひたすら攻めたバルサに勝利の女神はほほ笑んだ(ありきたりな言い方ですが)、ということかと。

結果的にはドログバの1st.leg、2nd.legで決めきれなかったことが響いてしまった、という見方もできるかもしれません。
チェルシーにとってみてもほぼプランどおりの試合運びはできたでしょうから。

ということで、2008-2009シーズンのCLファイナルのカードは、ユナイテッド - バルセロナに。

プレミアシップ好きの私としては、昨季と同じカードのユナイテッド - チェルシーを見てみたかった気もしますが…
ただ、今季のバルサとユナイテッドはともに圧倒的な強さを誇っています。
その両チームの対戦は、フットボールファンとして見てみたかった対戦でもあります。

ともに攻撃的なチーム。
ロースコアゲームが多いCLのファイナルですが、今季に限っては恐らく1-0といったスコアでの決着は無いのではないかと思います。

3点取った方が勝つ、そんなゲームになるのではないでしょうか(というか、そう願っています)。
5月27日(水)ローマのスタジオオリンピコで開催される好勝負必至のこのカード、今から楽しみです!

■関連過去エントリ■
[ChampionsLeague](SemiFinal 2nd.leg)Arsenal -
Manchester United

[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)Manchester United
- Arsenal

[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)FC Barcelona -
Chelsea

[ChampionsLeague]4強のうち3チームがプレミア勢で思うこと




posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ChampionsLeague](SemiFinal 2nd.leg)Arsenal - Manchester United

Arsenal 1 - 3 Manchester
United(5.5.2009 Tue)

8分 パク・チソン【ユナイテッド】
11分 クリスティアーノ・ロナウド【ユナイテッド】
61分 クリスティアーノ・ロナウド【ユナイテッド】
76分 ロビン・ファンペルシ【(PK)アーセナル】


[Aggregate Score]Arsenal 1 - 4 Manchester United



ホームのアーセナルですが、完敗ですね…
一刻も早く1点を取って同点に追いつきたかったところでしたが、逆に開始早々8分にDFギブスが足を滑らせてできたチャンスをパク・チソンが逃さず先制。

これで流れがユナイテッドに。

C.ロナウドがたたみかけるように、自ら倒されて得たFKを直接決めて2点目。
11分でアグリゲートスコア0-3、しかもアウェイゴール2点となっては、ベンゲルも打つ手なしですね。

ユナイテッドが勝負強さを見せ、ホーム&アウェイで完勝。
危なげなく2年連続の決勝へ駒を進めることに。

これで連覇に王手。
うーん、強いですね…
ルーニーらを下げて累積警告による出場停止を避ける余裕もありました。

決勝に向けた懸念点は、フレッチャーが76分のPKとなったファウルで退場となり、ファイナルに出場できないくらい。
そのファウルもレッドカードはちょっと厳しいかな…という判定だけに、フレッチャーには気の毒な判定でした。

ほぼ盤石のユナイテッド、ファイナルにも期待したいところです。

■関連過去エントリ■
[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)Manchester United
- Arsenal

[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)FC Barcelona -
Chelsea

[ChampionsLeague]4強のうち3チームがプレミア勢で思うこと


posted by Guinness好き at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)Manchester United - Arsenal

Manchester United 1 - 0
Arsenal(29.4.2009 Wed)

17分 オシェイ【ユナイテッド】



勝ったのはユナイテッド。
ですが、2nd.legへの手ごたえをつかんだのはアーセナル、そんな試合でした。

マンオブザマッチは、アーセナルのGKアルムニア。
1点取られたにも関わらず、というところからも見てとれるかと。

オシェイがキャリックのクロスをゴールに叩きこんで先制したのは、17分。
早い時間帯での先制点で意気が上がるユナイテッド、しかもホームオールドトラッフォード。

たたみかけるようにアーセナルゴールに襲いかかるものの、アルムニアが大当たり。
ことごとくユナイテッドのシュートをシャットアウトします。

アーセナルも決め手には欠いてゴールは奪えなかったものの、2点目を許さなかったこと、これは2nd.legに大きく影響してくると思います。

アーセナルとしては、アウェイゴールに注意しつつ、2nd.legに臨みたいところ。

それにしても準決勝の1st.leg2試合はいずれもアウェイ側のGKがマンオブザマッチ。
ホーム側が圧倒的に攻め、アウェイ側はひたすら耐えて2nd.legにつなぐ、という構図ですね。

1st.leg耐えたことが、2nd.legで花開くのか、注目です!

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)FC Barcelona -
Chelsea

・[ChampionsLeague]4強のうち3チームがプレミア勢で思うこと
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Arsenal -
Villarreal CF

・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Chelsea -
Liverpool



posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

[ChampionsLeague](SemiFinal 1st.leg)FC Barcelona - Chelsea

FC Barcelona 0 - 0 Chelsea(28.4.2009 Tue)



戦前の予想でも、バルサの攻撃をチェルシーがいかに凌ぐかが注目されたこの試合。
予想通りの展開になりましたが、思惑通りに試合を進めたのはチェルシー。

チェルシーの布陣はドログバのワントップ。
文字通り守ってカウンター、という布陣。
ヒディングは、戦術が中途半端になるくらいなら、思い切ってブレようのない戦術を、と考えたのではないでしょうか。

そして、賭けに勝ったのはチェルシー。
シュート数で20本近く上回ったバルサでしたが、マンオブザマッチに選ばれたツェフの活躍もあり、ゴールを最後まで割れませんでした。

バルサが、今季2008-2009シーズンホームのカンプノウでゴールを奪えなかったのは、この試合が初。
それだけにダメージは大きいかと。

バルサは週末にはクラシコも控えていますし、次の試合まで温存ともいかず、消耗度は激しそうですね。。
しかも、マルケスとプジョルは出場不可が濃厚。
チェルシーは、まさにしてやったりかと。

ホームのスタンフォードブリッジで、ヒディングがどんな采配に変えてくるのか楽しみです。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague]4強のうち3チームがプレミア勢で思うこと
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Arsenal - Villarreal CF
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Chelsea - Liverpool


posted by Guinness好き at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

[ChampionsLeague]4強のうち3チームがプレミア勢で思うこと

2008-2009シーズンのチャンピオンズリーグも準々決勝が終わり、4強が出そろっていよいよ大詰め。
このエントリにも書きましたが、4強のうち3チームがプレミアリーグのクラブとなりました。

思い返せば、昨季2007-2008シーズンも4強のうち3チームがプレミア勢。
2007-2008シーズンの準決勝のカードは、
 バルセロナ - マンチェスター・ユナイテッド
 リバプール - チェルシー

そして今季2008-2009シーズンの準決勝のカードは、
 マンチェスター・ユナイテッド - アーセナル
 バルセロナ - チェルシー

ご覧のとおり、昨年の4強ユナイテッド、チェルシー、バルセロナ、リバプールから、リバプールとアーセナルが入れ替わっただけ。

プレミアリーグの強さが今年も際立つ展開に。
場合によっては、2年連続プレミア勢同士の決勝もあり得ます。
昨季の決勝の際は、02-03シーズンのイタリアセリエ勢同士のACミラン-ユベントス以来ということで話題になりましたが、これがさらに2年連続となった場合にはまた議論の的になるかと。。

ヨーロッパサッカーも終わった、偏り過ぎていて面白くない、他リーグ勢がふがいない…などなど。

これをつまらない展開(もしくはプレミア勢がお金を使った結果)と見るか、プレミア勢のリーグをあげた努力が結実した結果と見るかはひとそれぞれだと思います。
プレミアシップファンの私としてはもちろん後者。

奇しくも4月15日はヒルズボロの悲劇があった日。
それからしばらくの間、ヨーロッパの舞台に立つことすら許されなかったイングランド勢ですが、FAを中心としたプレミアリーグの創設と、メディアを巻き込んだ仕組みづくりで力を蓄えた結果が、今日の勢いを作っているのだと思います。

これまでも80年代から90年代のセリエ勢の天下、90年代後半から最近までのリーガ勢の天下と、各リーグがヨーロッパを席巻してきています。

ただ、今回のプレミア勢の隆盛がこれまでと違うのは、リーグ全体(といっても一部の上位クラブと言えばそのとおりですが)が底上げされていること。

特定のチームが強いのではなく、プレミアリーグからCLに出てくるチームが皆毎年ここまで強い、というのは余り例がないかと。

これはFAとクラブそれぞれが、リーグ全体の底上げやクラブと選手の育成等に真面目に取り組み、かつそれにメディアの恩恵という時流が乗っかったこと、そして何よりサポーターがそれを見守り、文字通りサポートしてきたことが挙げられると思います。

特に、とかくサポーターの行動が問題になりがちな他リーグと異なり、FAが家族でも観戦に訪れることができるプレミアリーグというものを作り上げた功績は非常に大きいと思います。
あのプレミアリーグのスタジアムの雰囲気は、安全と規律に基づいており、それゆえ安心して観戦できますし、一度体験してしまうと忘れることができません。

放映権料ももちろん大きいとは思いますが、プレミアリーグの場合根底にあるのは、FAの姿勢とサポーターのクラブを支える力があってこその隆盛だと。
プレミアシップではそれをリーグ単位で行えるのが強みだと思います。
(シチュエーションは異なりますが、どのチームも日本のレッズのような感じ、と思っていただければ近いかな、と個人的には思います)

もちろん外国人オーナーが好き勝手に動けてしまうといった問題点も無きにしもあらずですが、それを補って余りある強みがあるのだと思います。

何が言いたいのかというと、今現在プレミア勢が強いのは、その努力の賜物であり、決してお金だけではないのだと思うこと(ひいき目が入っている自覚はありますがそれでも)。

そして、ヨーロッパフットボール全体の繁栄を願う側として、プレミアリーグを目の仇にしているUEFAの方々はもう少しその背景も含めて考えて、いろいろと画策するのはやめてほしいなぁ、と思った次第です。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Arsenal - Villarreal CF
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Chelsea - Liverpool
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 1st.leg)Liverpool - Chelsea
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント準々決勝組み合わせ抽選



posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Arsenal - Villarreal CF

Arsenal 3 - 0 Villarreal CF
(15.4.2009 Wed)

10分 セオ・ウォルコット【アーセナル】
60分 アデバイヨール【アーセナル】
69分 ロビン・ファン・ペルシー【PK:アーセナル】


[Aggregate Score]Arsenal 4 - 1 Villarreal CF



1st.legでアウェイで1-1のドローに持ち込んでおり、アウェイゴールをあげたこともあって俄然有利な状況で、ホームエミレーツスタジアムで2nd.legを迎えられたアーセナル。

最近アルシャビンが早くもチームにフィットしてきた上に、大黒柱セスクとアデバイヨールも復帰してチームとしては盤石の態勢に。

一方のビジャレアルはチームのバランスを担うマルコス・セナが怪我で欠場、チームもリーグ戦で連敗中。
そんな状態で迎えたこの試合、結果は両チームの状態をそのまま映し出す形に。

アーセナルはセスクからのアシストでウォルコットが決めて早々に先制。
ちなみにこのセスクのアシストは、ゴールを背にしてパスを受けると見せかけて裏のスペースにヒールで流す、というもの。
神のパスです。
思わず声を上げてしまいました…
さらにファン・ペルシーとアデバイヨルのコンビで2点を決めて完勝。

チームが絶好調のアーセナル、これでまだCLとFAカップの2冠の可能性が残されました。
状態がいいだけに、もしかするともしかするかもしれません…

この日行われたもう1試合のポルト - マンチェスターユナイテッド。
ポルトがアウェイで2-2として、1-1のドローでも勝ち抜けという状況でしたが、6分にC.ロナウドが決めたゴールを守りきって0-1でユナイテッドが勝利。
アグリゲートスコア2-3でユナイテッドが準決勝進出を決めました。

最近自身のミスからゴールを決められてそれが敗戦につながるなど、余り良いところがなく、ファーガソン監督にもお咎めを受けてしまったいてC.ロナウド。
これが立ち直りのきっかけになりますか。

ポルトは展開としては理想的だったのですが、最後のひと押しが足りず、ジャイアントキリングは起こせませんでした。


これで、準決勝のカードは、
 マンチェスター・ユナイテッド - アーセナル(1st.leg:4月28日、2nd.leg:5月6日)
 バルセロナ - チェルシー(1st.leg:4月29日、2nd.leg:5月5日)
となりました(左のチームが1st.legホーム)。

またしてもプレミア勢が3チーム。
まさにプレミア隆盛の時代ですね。
準決勝も楽しみです!

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Chelsea -
Liverpool

・[ChampionsLeague](QuarterFinal 1st.leg)Liverpool -
Chelsea

・[ChampionsLeague]決勝トーナメント準々決勝組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

[ChampionsLeague](QuarterFinal 2nd.leg)Chelsea - Liverpool

Chelsea 4 - 4 Liverpool
(14.4.2009 Tue)

19分 ファビオ・アウレリオ【リバプール】
28分 シャビ・アロンソ【PK:リバプール】
51分 ドログバ【チェルシー】
57分 アレックス【チェルシー】
76分 ランパード【チェルシー】
81分 ルーカス【リバプール】
83分 カイト【リバプール】
89分 ランパード【チェルシー】


[Aggregate Score]Chelsea 7 - 5 Liverpool



1st.legの結果から多少は覚悟していましたが、リバプールの今季のCLは終戦です…

それにしても壮絶な試合でした。
スコアだけ見ると、1st.legと2nd.legの2試合合計?と思うような試合。
普段ロースコアゲームが多いこの対戦とは思えません。

アグリゲートスコアが7-5ですからね…
リバプールとしては、前半終わって0-2として2点リード、後はアウェイゴール分だけというところまで持っていったのですが…

ヒディングによる36分のアネルカ投入が流れを変えましたね。。
アネルカのアシストもあって、後半早々に2-2とされたのがとにかく痛かった。。
失点前に0-3としてればまた違ったのでしょうが…

ジェラードの不在も響きました。
ジェラードさえいれば0-2となった時点でムードも変わっていたと思うのですが。

それ以上にやはりホームでの代償が大きすぎました。
残念です。
こうなればリーグ戦を何としても奪取してほしいところです。

この日行われたもう1試合のバイエルン-バルサは1-1のドロー。
アグリゲートスコア1-5でバルサが圧倒的強さを見せて準決勝へ。

こちらも1st.legの結果が全てでしたね…
この日はリベリのゴールで先制したものの、時間は既に残り45分を切っていました。
さらにバルサはケイタのゴールで同点に。
この時点でほぼ勝負は決まりましたね。

これで、準決勝の1試合は、バルセロナ - チェルシーというカードに決まりました。
チェルシーも最近上り調子なだけにバルセロナとしても非常に手強い相手かと。
カギはやはりバルサの攻撃陣vs.チェルシーのDF陣でしょう。

気がかりなのは最近チェルシーの失点が多いこと。
うまくヒディングが修正してくれるとよいですが。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](QuarterFinal 1st.leg)Liverpool -
Chelsea

・[ChampionsLeague]決勝トーナメント準々決勝組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

[ChampionsLeague](QuarterFinal 1st.leg)Liverpool - Chelsea

Liverpool 1 - 3 Chelsea (8.4.2009
Wed)

6分 トーレス【リバプール】
39分 イヴァノヴィッチ【チェルシー】
62分 イヴァノヴィッチ【チェルシー】
67分 ドログバ【チェルシー】



リバプールファンとしてはショックな結果に…
まさか近年ドロー続きのこのカードで、アンフィールドで1-3とは…

先制点を開始早々に取ったまではよかったのですが。。
しかも伏兵イヴァノヴィッチ。
さすがにチェルシー相手にリーグ戦含めて3連勝というのは難しいのは承知していましたが。

2nd.legがあるとはいえ、アウェイゴールで3点取られているのは余りにも痛い…
スタンフォードブリッジでの奮起に期待したいです。。

ただ、一部にはジェラードがそけい部を怪我してリーグ戦と2nd.legを欠場との噂も。。
弱り目に祟り目とはまさに。

ユナイテッドはどうしたのでしょうか。
リバプールにリーグ戦で負けて以来、負け、ロスタイム勝ち越しのギリギリ勝利、ドローとどうもふるいません。
やはり好調時がずっと続くことはなく、どこかで落ちてきますね…

準々決勝組み合わせ抽選後は最もくじ運があり、準決勝進出はほぼ当確、とまで言われていましたが…
ホームのオールドトラッフォードでまさかの2失点&ドロー。

ポルトにも若干ではありますが準決勝の芽が出てきましたね。
2nd.legに興味が出てきました。

ユナイテッドとは対照的に好調なのがアーセナル。
リーグ戦でも復帰したセスク&アデバイヨールのコンビがいきなり爆発していましたが、この試合でもそれを再現。

セスクからのパスをアデバイヨールが巧みにコントロールしてゴール、というもはや方程式のような図。
貴重なアウェイゴールかつドローに持ち込むゴールになりました。

次はエミレーツでの試合。
アーセナルのどのように戦うか楽しみです。

ただ、気がかりなのはギャラス。
どうも膝のじん帯を痛めて今季絶望とか…

バルサがホームで爆勝。
メッシ、メッシ、アンリ、エトー、とまたしても3巨頭そろい踏み。
このチーム止まるんでしょうか…

各試合の2nd.legは来週14日、15日!

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント準々決勝組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

[ChampionsLeague]決勝トーナメント準々決勝組み合わせ抽選


ついにチャンピオンズリーグ準々決勝以降の組み合わせが決まりました。
準々決勝のカードは以下のとおり。

ビジャレアル - アーセナル
マンチェスターユナイテッド - ポルト
リバプール - チェルシー
バルセロナ - バイエルンミュンヘン

予想どおり、プレミアシップ同士の対決、リバプール-チェルシーが組まれました。
同時にこのカードが準々決勝最大の注目カードかと。
なんと5シーズン連続CLでの対決。
過去4シーズンの対戦成績は、2勝4分2敗と全くの五分。

そして今シーズンのプレミアシップではリバプールが2勝。
ただし、プレミアシップの成績はヒディング就任前。
そしてこの両者の対決でどちらかが3連勝というのは、若干考えづらい…

ということを考えると少々の不安を覚えてしまいます。。
初戦マスチェラーノが累積警告で出場停止なのも痛いですし…
ただ、初戦はアンフィールド。
ここで何としても勝つことが準決勝進出に向けたカギとなりそうです。

そして今季5冠を狙うユナイテッドはポルトと。
ポルトには申し訳ないですが、今のユナイテッド相手だとかなり苦しいのでは。
ユナイテッドにとっては申し分のない抽選結果だと思います。

ビジャレアル - アーセナルは面白そう。
早いテンポの試合展開になりそうで、楽しみです。
ビジャレアルのロベール・ピレスのロンドンへの凱旋も1つの注目点ですね。

バルサ - バイエルンは、点の取り合いになりそう。
1st.ラウンドで大勝したバイエルンは、今季のCLで初めて真価が問われそう。
ただ、相手はバルサ。
リーグ戦の戦いぶりなどを見ても厳しいかもしれません。。
初戦カンプノウで最低アウェイゴールなどの結果が欲しいところ。

そして、この抽選で準決勝の組み合わせも決まっています。
マンチェスターユナイテッドvsポルト - ビジャレアルvsアーセナル
バルセロナvsバイエルンミュンヘン - リバプールvsチェルシー

準々決勝は、1st.legが4月1日、2日、2nd.legが4月8日、9日。
準決勝は、1st.legが4月28日、29日、2nd.legが5月5日、6日。
徐々にビッグイヤーが見えてきました。
どのような対決になるのか、楽しみです。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)AS Roma - Arsenal
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Manchester United - Inter Milan
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Juventus - Chelsea
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Liverpool - Real Madrid


posted by Guinness好き at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)AS Roma - Arsenal

AS Roma 1 - 0 Arsenal
PK 6 - 7 (11.3.2009 Wed)

9分 ファン【ローマ】


 ローマ        アーセナル
○ピサロ    1人目 ×エドゥアルド
×ヴィチニッチ 2人目 ○ファンペルシ
○バチスタ   3人目 ○ウォルコット
○モンテッラ  4人目 ○ナスリ
○トッティ   5人目 ○デニウソン
○アクイラーニ 6人目 ○トゥレ
○リーセ    7人目 ○サニャ
×トネット   8人目 ○ディアッビ
PK Total Score 6 - 7



1st.legでアーセナルがエミレーツスタジアムで1-0と先勝したこのカード。
壮絶な試合となりました。

アーセナルはウォルコットとエドゥアルド・ダ・シルバをベンチに置いてスタート。
試合は開始早々の9分に、左サイドのトッティからのクロスをファンが決めてローマが先制。
このシーン、アーセナルの選手は十分いたのですが、ファンにゴールを許す結果に…
マークの受け渡しやチェックなど、次戦以降の課題ですね。

これで2戦のトータルスコアは1-1に。
改めて残り81分でどちらが勝つか、といった感じになりました。

その後もホームのローマが攻め続けます。
ローマとしては今季CLの決勝がオリンピコということもあって是が非でも、でしょう。

アーセナルはあまり良いところがないまま、何とかローマの攻撃を凌いでそのまま延長戦へ。
ウォルコットやエドゥアルドを終盤投入しましたが、あまり効果は出ず…

入り方が悪かったことと、やはりセスクやロシツキあたりが不在なのが響いた感じでしょうか。

そのまま延長戦でも決着はつかず、勝負の行方はPK戦へ。
PKでは、アーセナル1人目エドゥアルドが外すものの、ローマも2人目ヴィチニッチが外し、そのままサドンデスへ。
最後はトネットが枠外に外して、アーセナルが何とか勝利。

試合内容的には負けていましたが、何とか勝負に勝ったという感じ。

これで、CL1回戦のプレミア勢 - セリエ勢の結果はプレミア勢の全勝という結果に。
プラティニらUEFA上層部の心境やいかに…
プレミアシップファンとしては、リバプールも含めた全4チームが8強に残ったのは最高の一言。

さて、その他の試合ですが、初戦1-1のドローでカンプノウに舞台を移したバルサ - リヨンは、バルサの攻撃力が爆発。
アンリが2ゴール、さらにメッシとエトーも続いて、5-2で快勝。

バルサは前半で既に4ゴール、一気に試合を決めてしまいました。
最後はアンリを下げる余裕も。
それでもアンリに代わって入ったケイタがゴールを決めるなど、周囲良いペースで進みました。

リヨンもジュニーニョ・ベルカンプカーノのゴールなどで追いすがったのですが…
やはりバルサは強かった、ということですね。

そして、初戦スコアレスドローだった、アトレティコマドリー - ポルトですが、2-2のドロー。
トータルスコアも2-2ですが、アウェイゴール数でポルトが2ゴール挙げていますので、ポルトが勝ち抜け。

というわけで今季CLのベスト8が勝ち残りました。
内訳はプレミア勢4チーム(リバプール、ユナイテッド、チェルシー、アーセナル)、リーガ勢2チーム(バルセロナ、ビジャレアル)、それにブンデスリーガ1チーム(バイエルン)、スーペルリーガ1チーム(FCポルト)ですね。

こうやってみるとプレミア勢同士の激突は必至ですね…
組み合わせ抽選は3月20日(金)に行われる予定です。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Manchester United
- Inter Milan

・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Juventus -
Chelsea

・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Liverpool - Real
Madrid

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Arsenal - AS
Roma



posted by Guinness好き at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Manchester United - Inter Milan

Manchester United 2 - 0 Inter
Milan (11.3.2009 Wed)

4分 ヴィディッチ【ユナイテッド】
49分 C.ロナウド【ユナイテッド】



今季のCL1回戦最注目のこのカードでしたが、ユナイテッドが本拠地オールドトラッフォードで2-0と快勝。
モウリーニョ率いるインテルを退けて準々決勝進出です。

前半開始4分と後半開始4分という絶妙な時間帯でのゴールといい、盤石でしたね。
それにしても、本当にヴィディッチは大事な試合でゴールを決めますね。

クラブワールドカップといい、あの勝負強さはDFにしておくにはもったいないくらいですね…
当然セットプレイではキーマンとして相手チームもマークしているはずなのですが。。
リオらもいますし、マークが必要な選手が多すぎてそこまで手が回らないのでしょうか。。。

相変わらず守備も固いですし、今のユナイテッドは負かすどころか、ゴールを決めるのも骨が折れる相手。
週末のレッズとの大一番どうなるかが非常に気になります。。

とにもかくにもインテルは今年もベスト16で敗退。
怪我人がいたこともあり、就任1年目ではモウリーニョもどうすることもできない感じでした。

次のユナイテッドの対戦相手はどこか?!
個人的にはバイエルンやバルサあたりになってほしいのですが…

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Juventus -
Chelsea

・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Liverpool - Real
Madrid

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan -
Manchester United



posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Juventus - Chelsea

Juventus 2 - 2 Chelsea (10.3.2009
Tue)

19分 イアクインタ【ユベントス】
45分 エッシェン【チェルシー】
74分 デルピエロ【PK:ユベントス】
83分 ドログバ【チェルシー】



チェルシーが2-2のドローに持ち込み、2戦合計3-2で勝ちあがり。
予想どおりというか、ドログバがカギを握った試合でした。

試合自体は常にユーベが先手を握る展開。
エッシェンのゴールでハーフタイム前に追いついたのも大きかったですね。
この時点でチェルシーはアウェイゴールを挙げたことになったので、ユーベは3点必要になりましたし。

そしてドログバ。
キエッリーニを2枚目のイエローで退場に追い込み、勝ち上がりを決定づける同点ゴール。
ヒディング就任以来のドログバは本当にお見事ですね。
チームとしての状態も上向き、雰囲気も良くなっているでしょうから、リーグ戦も含めてまだ可能性はあるかもしれません…

レッズと同じく、次の対戦相手がどこになるのかまた楽しみです。

さて、その他の試合ですが、バイエルン - スポルディングは、1st.legの0-5に続き、今度は7-1、2戦合計12-1という圧勝でバイエルンが。
初戦1-1のドローだったパナシナイコス - ビジャレアルは1-2でビジャレアルが勝ち、2戦合計2-3でビジャレアルが勝ちあがり。
前評判どおりの順当な結果と言えると思います。

明日もユナイテッド - インテルやローマ - アーセナルなど注目カードが目白押し、楽しみです。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Liverpool - Real
Madrid

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Chelsea -
Juventus



posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ChampionsLeague](1st.Round 2nd.leg)Liverpool - Real Madrid

Liverpool 4 - 0 Real Madrid
(10.3.2009 Tue)

16分 トーレス【リバプール】
28分 ジェラード【PK:リバプール】
47分 ジェラード【リバプール】
88分 ドッセーナ【リバプール】



リバプールが大勝!
2戦合計5-0でリバプールが準々決勝進出です。

レッズファンとしては最高の展開でした。
トーレスとジェラードがゴールを重ね、終盤ダメ押しまで。
安心して見ていられる試合でした。

ポイントとなったのは、後半開始早々のジェラードのゴールでしょうか。
このゴールはレアルに、「もうダメかも」と思わせるゴールだったのではないか、と。

終盤余裕があったレッズは、ジェラード、トーレス、シャビ・アロンソを交代で少しですが休ませることもできました。
文句のつけようのない試合でした。

これで気持ちよく次のリーグ戦大一番ユナイテッド戦に臨めます!
次のCLの対戦相手がどこになるかも含めて注目ですね。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Chelsea -
Juventus

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Real Madrid -
Liverpool

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Arsenal - AS
Roma

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan -
Manchester United

・[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント


posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Chelsea - Juventus

Chelsea 1 - 0 Juventus (25.2.2009 Wed)
12分 ドログバ【チェルシー】



ヒディング監督にとってチェルシーでのCL初戦となるこの試合。
リーグ戦の対ビラ戦と同じく、ドログバを真ん中に据える3トップで臨みました。

監督がヒディングに代わったせいか、活き活きして見えるドログバ。
開始早々の12分にカルーからのパスをうまくさばいて見事なゴール。
これが決勝点となってチェルシーが先勝。

ただ、後半はユーベが試合を支配していた印象があります。
チェフの好セーブがチームを救いましたね。
テリー不在の中、アウェイゴールを許さなかったのは評価されるとは思いますが…

2nd.legは3月10日予定なので少し時間があります。
ヒディングとしてはその間に自分のやり方を少しでも浸透させておきたいところかと。
それにしても就任後、ビラパークでのビラ戦、CLと続けて迎えた難しい試合を連勝という結果にしたあたりさすがヒディングですね。

ただ、言ってみれば前半を終わって1-0の展開。
後半、しかも場所を変えてチェルシーからするとアウェイで1点リードのみということなので、まだまだわかりません。
ラニエリもデッレアルピでお返し!とか考えているでしょうし。

予断を許さないこのカード、2nd.legも楽しみです。

さて、その他の2試合も結果だけ。
スポルディングリスボン - バイエルン・ミュンヘンは、0-5でバイエルン。
ていうか0-5って…
アウェイで5点ということもあり、バイエルンの準々決勝進出はほぼ確定かと。
トニが2点、リベリが2点、クローゼが1点と3役そろい踏みだったようです。

もう1試合、ビジャレアル - パナシナイコスは、1-1のドロー。
ビジャレアルにとってはアウェイゴールも取られていますし、痛い結果ですね。。

というわけで1st.Roundの1st.legが終了しました。
こうしてみると、プレミア勢は3勝1分と非常に良い成績ですね。
と言っても3勝は全て1-0という最少スコアなのでまだまだ油断はできませんが。。

あと、スペイン勢は3分1敗とやや苦戦気味。
バルサはアウェイでドローなのでOKとしても、他3チームは全てホームでドローもしくは負け、しかもアウェイゴールを取られています。
セリエ勢も1分2敗と苦戦。
プラティニ会長としては、お気に召さない展開ですね(笑)

スペイン勢、セリエ勢が2nd.legで巻き返すのか、プレミア勢がこのまま押し切るのか、2nd.legも要注目ですね。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Real Madrid -
Liverpool

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Arsenal - AS
Roma

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan -
Manchester United

・[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント


posted by Guinness好き at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Real Madrid - Liverpool

Real Madrid 0 - 1 Liverpool
(25.2.2009 Wed)

82分 ベナユン【リバプール】



ベナユンお見事!
レアルファンのナダルも観戦に来ていたこの試合。

ベニテスは結局ジェラードをスタメンでは使わず、ベナユンを起用したわけですが、相手チームにとっては非常に嫌な存在の代名詞のようなベナユンの起用がピタリとハマりました。
やっぱりいい選手ですね。

レアルはここのところリーグ戦で調子がよかっただけに、そのレアルをアウェイで相手を零封しての勝利ですから、このゴールと勝利は非常に大きいですね。
それにしてもカシージャスは相変わらずスーパーですね。
カシージャスでなければもっと試合展開も楽だったはずなのですが。

気になるのは途中交代したトーレス。
足首をひねったとのことですが、大事に至らないことを祈ります。

ここからリーグ戦のユナイテッド戦とCLの2nd.legまでまた気が抜けませんが、とりあえずこの勝利で勢いに乗ってほしいところです。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Arsenal - AS
Roma

・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan -
Manchester United

・[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント
・[ChampionsLeague]いきなりの怪我
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Arsenal - AS Roma

Arsenal 1 - 0 AS Roma (24.2.2009 Tue)
37分 ファンペルシ【(PK)アーセナル】



プレミア勢 vs. セリエ勢の2試合目。
1st.legのうち、24日行われた試合で唯一勝敗がついた試合となりました。

ホームのアーセナルがファンペルシ(前のエントリで出場停止と書きましたが間違っていたようです、すみません。。)が、自身が倒されて得たPKを決め、これが決勝点。
スコアレスドローが続いていたアーセナルですが大事な試合で勝利を手にしました。

試合展開はほぼアーセナルペース。
昨年の良かった頃のアーセナルのような流れるような展開を何度も作り出しました。

セスクは不在だったものの、ナスリがうまく機能したようです。
ただ、ベントナーが決定機を2度ほどはずすなど、試合を決めきれなかったことも事実。

余り良いところのなかったローマですが、十分2nd.legで挽回できるレベルですね。
ましてやホームのオリンピコ。

そしてセスクはその試合には当然間に合わず。。
ガナーズとしてはエドゥアルド・ダ・シルバらが戻ってくれば、というところですが…

怪我人の回復状況も気にしつつ、3月11日の2nd.legを待ちたいと思います。

CLその他の試合ですが、リヨン - バルサは1-1のドロー。
面白い展開にするためには、リヨンがホームで勝つことが条件だったのですが…
アンリがアウェイゴール(しかもヘディングで!)を決めたことで、バルサはカンプノウでの試合が一気に楽になりましたね。

もう1試合、アトレティコマドリー - ポルトは2-2のドロー。
これはアトレティコマドリーとしては痛い…
ホームで2度リードしながら2度追いつかれる展開。

アウェイゴールのことも考えると次戦は90分で2-2以上のドローに持ち込むか勝つしかありません。
アトレティコのアベル・レシノ監督としては頭を抱えたくなる展開ですね。。

というわけでCL 1st.Round 1st.legの半分が終了。
プレミア勢としてはここまでは上々の展開かと。
明日のリバプール、チェルシーも続いてほしいです!

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan -
Manchester United

・[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント
・[ChampionsLeague]いきなりの怪我
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ChampionsLeague](1st.Round 1st.leg) Inter Milan - Manchester United

Inter Milan 0 - 0 Manchester United (24.2.2009 Tue)



注目の初戦でしたが、結果はスコアレスドロー。
オールドトラッフォードでの2nd.legで雌雄を決することになりました。

試合展開としては、前半はユナイテッドがかなり押しており、後一歩のところまで行ったものの、インテルGKジュリオ・セザールがチームを救った格好。
後半は逆にインテルが流れをつかむものの、ゴールは割れず…

後半のインテルの流れは、モウリーニョがコルドバを投入して守備を安定させたことによるもの。
モウリーニョ監督の采配が光った瞬間でした。

ファーガソン監督としては前半に決めていれば…ということで不満かもしれませんが、この結果は良かったのではないか、と。
あれだけDF陣の選手が欠場する中でインテルの攻撃を食い止めることに成功しましたし。

逆にモウリーニョとしてはアウェイゴールを取られなかったのは良いものの、やはりユナイテッドのDF陣の状況を考えるとゴールを奪えなかったのは痛いかと。
しかも次はアウェイ。

まぁ、1-1以上のスコアでドローに持ち込めればインテルが突破なのでまだまだわからない状況ではあります。
これでユナイテッドは昨季からCLで20戦連続無敗となって、これは新記録だそうです。

ちなみに次戦1-1とかになった場合、ユナイテッドは負けてはいませんがCLは敗退となります。
この場合この無敗記録って継続になるんでしょうか。。
ともかくどこまで無敗記録を伸ばすのか注目です。
2nd.legが楽しみです。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント
・[ChampionsLeague]いきなりの怪我
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

[ChampionsLeague]いよいよ決勝トーナメント


一足先に始まったUEFAカップに続き、CLもいよいよ再開。
決勝トーナメント1st.legが2/24,25に行われます。

<インテル - マンチェスターユナイテッド>
1st.leg最大の注目カードかもしれません。
モウリーニョ vs. ファーギーの第2章ですね。

インテルはホームでしっかりと先勝が必要。
そのためにズラタンとアドリアーノで点を獲りに行く、とモウリーニョは言っていますね。

対するユナイテッドは緊急事態。
いいところでゴールも取れるビディッチが累積警告で出場停止。

さらにDF陣が怪我人のオンパレード。
ネビル、ブラウン、エヴァンズ、オシェイなどが怪我で欠場の見込み。
リオくらいでしょうか、満足に出られそうなのは…

こうなるとアウェイということもあり、ファンデルサールとリオでいかにインテルの攻撃をしのぐかが、ユナイテッドのカギとなりそうです。
後はルーニーとC.ロナウドの煌めきに賭けるしかないですね。
最も、ルーニーやC.ロナウドも守備の意識を強く持つことが求められるかもしれませんので、煌くことができますか…

<レアルマドリー - リバプール>
ここ最近16強の壁を破れないマドリー。
レッズファンとしては、ぜひレッズに今年も壁になってほしいところ。

ただ、リーグ戦で最近調子がいまいちなのが気になるところ。
対するマドリーは直近の試合、前半だけで6ゴールを挙げるなどチームとしても調子が上がっています。

加えてレッズは中盤のキーとなるアルベロアが累積警告で出場停止なのも痛いです。
救いは、ジェラードがメンバーに入り、先発可能かはともかく出場てきそうなことと、シャビアロンソが復帰すること。
ちなみにレッズはリエラも出場停止。

とりあえずアウェイゴールを決めて引き分け位が良いシナリオかと。
(もちろん勝ちが理想ですが)

<チェルシー - ユベントス>
ヒディング采配のチェルシーがユーベ相手に以下に戦いますか。
ヒディングにとってホームで最初にやれるのは悪くないかもしれません。

懸念は大黒柱であるテリーが累積警告で出場停止なこと。
テリー抜きの守備陣でユーベにアウェイゴールを許さない展開に持ち込めますか。

<アーセナル - ローマ>
最近リーグ戦では3戦連続スコアレスドローのアーセナル。
何としても勝利が欲しいところですが、いかんせん選手が足りません…

ファンペルシーが累積警告で出場停止、セスクとアデバイヨールが怪我で欠場。
アルシャビンが何とかしてくれると良いのですが。。

対するローマも累積警告でデロッシが出場停止。
怪我をしているトッティが出場できるかがカギとなりそうですね…


プレミア勢の試合はどの試合も楽しみですね。
3カードが対セリエなのでトータルどうなるかにも興味が。
というわけでいよいよです!

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague]いきなりの怪我
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント組み合わせ抽選


posted by Guinness好き at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

[ChampionsLeague]いきなりの怪我


CLの決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決まったばかりですが、大きな怪我のニュースが2つ。

一つは、すっかりアーセナルのエースとなったセスク。
もう一つが、ローマの大黒柱、トッティ。

そしてこの2チームはCLで対戦が決まったばかり。
双方大黒柱を欠いての対戦はどのようになりますか…

まず、セスクですがこちらは重症。
先日22日のリバプール戦でシャビアロンソと接触した際に、ひざの靭帯を部分断裂しており、復帰まで4か月要する見込み。
もちろんCL決勝トーナメント1回戦は第1戦、第2戦ともに欠場が確定。
これはアーセナルにとっては大打撃。

アーセナルの攻撃のタクトを握っているのがセスクなのは周知の事実。
セスクがいるといないとではチーム自体が変わってしまうと言っても過言ではありません。

せめてロシツキが復帰してくれれば…でしょうか。
ベンゲルの手腕が問われることになりそうです。

ただ、そのセスクも以前、当時の大黒柱であった現インテルのビエラが怪我で欠場中に、若すぎるという批判もある中、シーズン丸々起用されて大化けした経緯があります。
ベンゲルの若手を見出す力には定評がありますので、今回をチャンスと捉えて大きく羽ばたく選手が出てくることに期待したいです。

かたや21日のカターニア戦で太ももを負傷して途中交代していたトッティ。
復帰まで2か月を要する見込みとのことで、アーセナルとの第1戦(2009年2月24日)に間に合うかは微妙な状況。

こちらもローマにとっては大きな痛手ですね。
ただ、ローマのスタイル的には選手1人がいなくなっても同じスタイルを維持できることからもアーセナルほど痛くはないかもしれません。
とはいえここぞという時の決定力など替えの効かない選手であることは確か。

仮に間に合ったとしてもスパレッティがアウェイまで復帰したての状態で連れて行くのか、そのあたりも注目かと。

ともあれまずはそれまで2か月近くあるリーグ戦をどのように乗り切っていくかで占えるところかと思います。
この2チームに注目ですね。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague]決勝トーナメント組み合わせ抽選



posted by Guinness好き at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

[ChampionsLeague]決勝トーナメント組み合わせ抽選



遅くなりましたが、CLの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が行われました。
カードは以下の通り。

チェルシー − ユベントス
ビジャレアル − パナシナイコス
スポルティング・リスボン − バイエルンミュンヘン
アトレティコマドリー − ポルト
リヨン − バルセロナ
レアルマドリー − リバプール
アーセナル − ローマ
インテル − マンチェスターユナイテッド

左がグループリーグ2位通過のチーム。
右がグループリーグトップ通過のチームです。

プレミア勢が絡む4カードがビッククラブ同士のカードですね。
そしてそのうちの3カードがプレミア勢とセリエ勢の戦い。

…単なる偶然以上のものを感じてしまうのですが。。
昨季4強のうち3強を占めたプレミア勢を潰したいという。。

期待も込めた予想は、チェルシー、ビジャレアル、バイエルン、アトレティコ、バルサ、リバプール、アーセナル、マンUですね。
鉄板&思いっきりプレミアびいきですが、案外当たる気もします。

一番不安なのはマンUですかね。
インテルはスキも多いですが、モウリーニョだけに。。

試合は2009年2月だけに、各チームのコンディションがその頃どうなっているのかがポイントになりそうですね。
後は、1月の移籍マーケットで動くクラブがあるかどうか。
今から楽しみです。

■関連過去エントリ■
・[ChampionsLeague]グループリーグ終了
posted by Guinness好き at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする